40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

メンタル不調の筆者が復職してからU-NEXTで観た映画 その4

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 2019年10月から2020年3月まで過労とパワハラで休職しました。

 10代、20代の頃のように純粋に映画を観たいと思い休職期間中の12月にU-NEXTに加入しました。

 U-NEXTは月額2,000円でCM無しの膨大な量の高画質映画を観ることができます。

 見放題なので昔好きだった作品や新しめの作品をとりあえず100本くらい観たいなあと思ってたんですね。

 

 2020年3月に復職してから家計的に苦しい時期があったので解約も考えましたがそのまま現在に至っています。

 

 

 当初はPCでU-NEXT観てたんですよ。

 そのあと2020年8月にソニーのネット対応TVを購入してから、TVの大画面、高画質でU-NEXTを楽しめるようになりました。ネット対応TVはU-NEXTやYouTubeやアマプラやAbemaTVなどのチャンネルがプリセットされてるんですよ!エンタメ環境が劇的に向上しました。

 

ソニー4K液晶テレビ ブラビア KJ-55X8550H

 

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 今から約30年前、レンタルビデオ全盛の10代のころ、週末に洋画のビデオを借りてきて家族で見るのが一つの娯楽でした。

 社会人になってからも映画が好きで、監督ではリドリー・スコットポール・バーホーベン、アクション俳優ではスティーブン・セガールジェット・リーのものをよく観ました。

 

休職中にU-NEXTに加入

 ここ10~15年くらいじっくり映画を観ることができませんでした。繰り返しになりますが休職を機にU-NEXTに加入して観たかった映画を観ることにしました。

 「いつか洋画を沢山観たい」という希望を今実現したわけです。

 ストリーミング動画なのに非常に高画質でスムーズな再生に驚きました。

 配信作品数がものすごい量で、作品名、俳優名、監督名などから瞬時に検索することができます。

 

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 さて前回、とりあえず観た順に10本だらだら感想を書きました。

 今回、それ以降に観たもの10本を書きたいと思います。

 

コンスタンティン(2005年作品)監督:フランシス・ローレンス 出演:キアヌ・リーブスレイチェル・ワイズ

インセプション(2010年作品)監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ渡辺謙

バトルシップ(2012年作品)監督:ピーター・バーグ 出演:テイラー・キッチュ浅野忠信リーアム・ニーソン

▶私が、生きる肌(2011年作品)監督:ペドロ・アルモドバル 出演:アントニオ・バンデラスエレナ・アナヤ

スラムドッグ$ミリオネア(2008年作品)監督:ダニー・ボイル 出演:デーヴ・パテール

ショーシャンクの空に(1994年作品)監督:フランク・ダラボン 原作:スティーブン・キング 出演:ティム・ロビンスモーガン・フリーマン

▶エクストリーム・ジョブ(2019年作品)監督:イ・ビョンホン 出演:リュ・スンリョン

▶セッション(2014年作品)監督:デイミアン・チャゼル 出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ

地獄の黙示録ファイナルカット版(1979/2019年作品)監督:フランシス・F・コッポラ 出演:マーロン・ブランドマーティン・シーンロバート・デュヴァルローレンス・フィッシュバーンハリソン・フォードデニス・ホッパー

ディア・ハンター(1978年作品)監督:マイケル・チミノ 出演:ロバート・デ・ニーロクリストファー・ウォーケンメリル・ストリープ

(U-NEXTに加入して37本目)

 

f:id:trrymtorrson:20211218151446j:plain

 

 このなかではちょっと古い映画になりますが、僕が10代の時に観て強烈なインパクトを受けた「地獄の黙示録」と「ディア・ハンター」。

 これを10数年ぶりに改めて見直しましたがやっぱり強烈な映画ですよ。

 「地獄の黙示録」はマーロン・ブランドマーティン・シーンが存在感があってカッコイイし、若いときのローレンス・フィッシュバーンハリソン・フォードが出てるのも面白いですよね。

 僕がU-NEXTで観たのはファイナルカット版です。

 前半のハイライト、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」をバックにベトコンの村を急襲するシーンはやっぱり圧巻だし、後半のカーツの王国への侵入、そしてカーツとウィラードの対決のシーンは映像と音響が凄いです。

 「ディア・ハンター」ですが、僕はこの作品のクリストファー・ウォーケンが大好きなんですよ。スタンリー・マイヤーズ作曲、ジョン・ウィリアムスのギター演奏によるテーマ曲「カヴァティーナ」の美しさと青年たちの哀しくショッキングな運命のコントラストが何ともいえない作品です。

 スペイン映画の「私が、生きる肌」、インドが舞台のイギリス映画「スラムドッグ$ミリオネア」、韓国映画の「エクストリーム・ジョブ」は、それぞれ国際色豊かで独特のテンポや映像美でしたね。

 「ショーシャンクの空に」は評価が高いヒューマンドラマですが、僕はティム・ロビンスが大好きなんですよね。

 「セッション」は別の記事でも書いたんですが、面白かったですね。J・K・シモンズが怖いです。

 「コンスタンティン」「インセプション」「バトルシップ」についてはCG演出が勝ち過ぎてて見どころに欠け、ちょっと残念な仕上がりだったかな・・。

 

 復職してもうすぐ2年になります。

 だいたい月1本~2本観る感じで年間10数本観た計算ですね。

 仕事も大事ですが過労とパワハラで休職を経験してからは、もう仕事に全力で取り組まないことに決めました。

 好きなことや家族との時間を優先させたいと思います。

 これからも映画たくさん観たいですね。

 

 本日の記事は以上です。