40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

メンタル不調の筆者が休職期間中に観た映画のこと

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 ここ10年くらいじっくり映画を観ることができませんでしたが、昨年半ばから休職して、U-NEXTに加入して観たかった映画を観ることにしました。

 加入して1か月ほど経ちました。

 ストリーミング動画なのに非常に高画質でスムーズな再生に驚きました。

 配信作品数がものすごい量で、作品名、俳優名、監督名などから瞬時に検索することができます。

 体調を崩して療養中に映画を観る方は多いと思います。メンタル不調だからといって何か元気が出る映画を観るかというとそうではなく、単に観たいものを観るだけです。

 20代、30代に観て面白かったものは、やっぱりオッサンになっても面白いですし、観てないものも俳優や監督繋がりで芋づる式に色んなものを観たくなりますね。

 しかし、休職中だからといって1日に何本も観る時間や集中力はありません。休職ブログにこじつけて「休職者目線で観た映画50選」みたいなレポートを書きたかったんですが無理でした。休職歴半年未満、映画批評歴無しです。

 何をやるにしても、地道なストックの積み重ねが必要だと思いました。

 

 取り敢えず観た順に11本だらだら書きます。

 

 

ブレードランナー(1982年作品)

監督:リドリー・スコット 出演:ハリソン・フォードルトガー・ハウアーショーン・ヤング 原作:フィリップ・K・ディック 音楽:ヴァンゲリス この映画は30年くらい前10代の頃に観て以来だと思います。U-NEXT加入一発目として無性に見たかった映画です。非の打ち所がない凄い映画だと思います。敢えて言えば、脇役が良すぎてハリソン・フォードがちょっと弱いような....。

ボーン・アイデンティティー(2002年作品)

監督:ダグ・リーマン 出演:マット・デイモン 原作:ロバート・ラドラム 音楽:ジョン・パウエル

ボーン・スプレマシー(2004年作品)

ボーン・アルティメイタム(2007年作品)

監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン 原作:ロバート・ラドラム 音楽:ジョン・パウエル ボーン三部作も久しぶりに観ました。やっぱり手に汗握る。

ミラーズ・クロッシング(1990年作品)

監督:ジョエル・コーエン 出演:ガブリエル・バーン

▶ファーゴ(1996年作品)

監督:ジョエル・コーエン 出演:スティーヴ・ブシェーミほか コーエン兄弟の「ノー・カントリー」を観てみたかったんですが、U-NEXTのラインナップになかったので、評判が良さそうなミラーズ~とファーゴを観てみました。どちらもうーん....何かスピード感や緊迫感がイマイチで、90年代のものにしては映像が古めかしい。筆者には合いませんでした。

 

f:id:trrymtorrson:20211227235010j:plain

 

▶2001年宇宙の旅(1968年作品)

監督:スタンリー・キューブリック 脚本:アーサー・C・クラーク 音楽:リヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスⅡ 凄い映画には違いありません。意図的かもしれませんが、無音の長~いカットの連続で、現代の時間感覚からすると、物凄く特異な感じがしました。

トータル・リコール(2012年リメイク版)

監督:レン・ワイズマン 出演:コリン・ファレル 原作:フィリップ・K・ディック 1990年のシュワルツェネッガーのものが大好きだったので観てみました。序盤はまあまあでしたが後半が途端にイマイチな展開でした。マイケル・アイアンサイドやロニー・コックスのような悪役がいなかったからだと思います。wikipediaによるとリメイク版のほうが原作に忠実なプロットになっているとか。

ゴーン・ガール(2014年作品)

監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ベン・アフレックロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス 昔観た同監督の「セブン」インパクトが強かったので、観てみました。ニール・パトリック・ハリスは「スターシップトゥルーパーズ」に出ていましたが、ゴーン~のほうが凄く存在感があり良かったです。ベン・アフレックの鈍いが妙にリアリティのある演技が、今後の筆者自身の立ち振る舞いにも参考になりました。

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年作品)

監督:ダグ・リーマン 出演:トム・クルーズ 原作:桜坂洋 ボーン~の監督、トム・クルーズ主演、日本人の原作、映像も設定も凄く見どころが多いと思いました。序盤は釘付けになりますが、先述のトータルリコールと同じで、後半がちょっとイマイチでした。

ケープ・フィアー(1991年作品)

監督:マーティン・スコセッシ 出演:ロバート・デ・ニーロニック・ノルティジェシカ・ラングジュリエット・ルイス 昔観て良かったので、もう一回観てみました。デ・ニーロの怖い存在感は昔観たそのままでした。キャスティングが凄く良い。筆者はジュリエット・ルイスが好きでした。ニック・ノルティも良かった。筆者自身が娘を持つオッサンになったためか、感情移入しました。

(U-NEXTに加入して11本目)

 

 さて、僕は「いつか洋画を沢山観たい」という希望を今実現しているわけです。

 今後復職しなければなりませんし、復職したらまた仕事に忙殺されるのが今から億劫です。

 堀江貴文さんの言葉を借りれば「映画を100本観たとしても、現実は1ミリも変わらない」のですが・・。

 仕事も映画も切り替えて楽しめる頭の柔らかさが欲しいと思います。

 

 

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com