40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

メンタル不調の筆者が復職してからU-NEXTで観た映画 その5

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 2019年10月から2020年3月まで過労とパワハラで休職しました。

 休職した罪悪感より、キツイ仕事からの解放感のほうが大きかったですね。

 

 10代や20代の頃のように映画を観まくりたいと思い休職期間中の12月にU-NEXTに加入しました。

 U-NEXTは月額2,000円でCM無しの膨大な量の高画質映画を観ることができます。

 見放題なので昔好きだった作品や新しめの作品をとりあえず100本くらい観たいなあと思ってたんですね。

 

 2020年3月に復職してから家計的に苦しい時期があったので解約も考えましたがそのまま現在に至っています。

 

 

 当初はPCでU-NEXT観てたんですよ。

 そのあと2020年8月にソニーのネット対応TVを購入してから、TVの大画面、高画質でU-NEXTを楽しめるようになりました。ネット対応TVはU-NEXTやYouTubeやアマプラやAbemaTVなどのチャンネルがプリセットされてるんですよ!エンタメ環境が劇的に向上しました。

 

ソニー4K液晶テレビ ブラビア KJ-55X8550H

 

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 今から約30年前、レンタルビデオ全盛の10代のころ、週末に洋画のビデオを借りてきて家族で見るのが一つの娯楽でした。

 社会人になってからも映画が好きで、監督ではリドリー・スコットポール・バーホーベン、アクション俳優ではスティーブン・セガールジェット・リーのものをよく観ました。

 

休職中にU-NEXTに加入

 ここ10~15年くらいじっくり映画を観ることができませんでした。繰り返しになりますが休職を機にU-NEXTに加入して観たかった映画を観ることにしました。

 「いつか洋画を沢山観たい」という希望を今実現したわけです。

 ストリーミング動画なのに非常に高画質でスムーズな再生に驚きました。

 配信作品数がものすごい量で、作品名、俳優名、監督名などから瞬時に検索することができます。

 

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 さて前回、とりあえず観た順に10本だらだら感想を書きました。

 今回、それ以降に観たもの10本を書きたいと思います。

 

ノーカントリー(2007年作品)監督:ジョエル・コーエンイーサン・コーエン 出演:トミー・リー・ジョーンズハビエル・バルデムジョシュ・ブローリン

閉ざされた森(2003年作品)監督:ジョン・マクティアナン 出演:ジョン・トラボルタコニー・ニールセンサミュエル・L・ジャクソン

プラダを着た悪魔(2006年作品)監督:デヴィッド・フランケル 出演:メリル・ストリープアン・ハサウェイエミリー・ブラント

ミスティック・リバー(2003年作品)監督:クリント・イーストウッド 出演:ショーン・ペンケヴィン・ベーコンティム・ロビンスローレンス・フィッシュバーン

ファイト・クラブ(1999年作品)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:エドワード・ノートンブラッド・ピットヘレナ・ボナム・カーター

インターステラー(2014年作品)監督:クリストファー・ノーラン 出演:マシュー・マコノヒーアン・ハサウェイジェシカ・チャステインマット・デイモンマイケル・ケイン 音楽:ハンス・ジマー

ワールド・オブ・ライズ(2008年作品)監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウマーク・ストロング

ビューティフル・マインド(2001年作品)監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウエド・ハリスジェニファー・コネリー

▶隣人は静かに笑う(1999年作品)監督:マーク・ペリントン 出演:ジェフ・ブリッジスティム・ロビンス

エグゼクティブ・デシジョン(1996年作品)監督:スチュアート・ベアード 出演:カート・ラッセル、スティーブン・セガールハル・ベリージョン・レグイザモ

(U-NEXTに加入して47本目)

 

f:id:trrymtorrson:20211219004207j:plain

 

 今回の10本のなかでは「インターステラー」が良かったですね。

 クリストファー・ノーラン監督の会心の作品です。

 昔観た「メメント」は凄い映画でしたが、「インセプション」がイマイチだったのでどうかなと思いましたが。

 「2001年宇宙の旅」のオマージュ的作品で雰囲気を忠実に再現しているのですが、中盤から後半にかけてグイグイ映像とストーリーに引き込まれていきます。

 スケールが大きい作品ですね。

 何がいいってハンス・ジマーの音楽がいいんです。

 ステーションとのドッキングのシーンが音楽と相まって鳥肌モノの一つのハイライトです。そしてマット・デイモンがいいところに出ていますね。

 

 「エグゼクティブ・デシジョン」は昔から大好きな映画です。

 カート・ラッセルは「遊星からの物体X」からのファンですし、スティーブン・セガールも大好きな最強のアクション俳優です。

 そのセガールが序盤でまさかの展開。

 テンポがいいし各キャラクターの見せ場も盛りだくさんですね。

 

 「ビューティフル・マインド」は天才数学者ジョン・ナッシュの生涯を描いた作品ですが、その妻役にあのジェニファー・コネリー。大好きです。

 「閉ざされた森」は王様のブランチでLiLiCoが紹介していて面白そうだったので観ました。展開が4転も5転もどんでん返しありの視聴者を翻弄する作品です。

 「隣人は静かに笑う」も、え?まさかそっち?というどんでん返しのショッキングなラストが用意されています。

 「ノーカントリー」はハビエル・バルデムの存在感が最凶なのは言うまでもありませんが、全編通して映像の殺伐とした雰囲気が独特でしたね。

 「ワールド・オブ・ライズ」はリドリー・スコット作品としてはちょっと小粒で平均点の出来。同監督の作品では「ブラックホーク・ダウン」に雰囲気が似てますね。

 眉間に皺を寄せたディカプリオがいいです。

 

 復職してもうすぐ2年になります。

 だいたい月1本~2本観る感じで年間10数本観た計算ですね。

 仕事も大事ですが過労とパワハラで休職を経験してからは、もう仕事に全力で取り組まないことに決めました。

 好きなことや家族との時間を優先させたいと思います。

 これからも映画たくさん観たいですね。

 

 本日の記事は以上です。