仕事したくない事務職のオッサンのビジネスブログ

40代中年の危機 休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット

40代で立ち止まって考え、中高年を生き抜く知恵を身につける

自己紹介

 

こんにちは、trrymtorrsonです。

タリム・トーソンと読みます。

年齢40代半ば、職業はサラリーマン、家族は妻と娘3人です。

 

家にいるのが好きな40代の事務職のオッサンです。

過労とパワハラによって半年間休職した経験がある人間です。

 

休職したことにより人生観が大きく変わりました。

いつまで続くか分かりませんが、休職中にブログを始めました。

 

40代サラリーマンはまさに社会の中核です。

仕事に身を捧げる。

家庭生活においても結婚・出産(出産は妻)・子育て・居住の確保。

僕たちの親世代は、ここまでやって一人前でした。

 

しかし、それは高度経済成長の果実があったからこそ可能でした。

最後には過労とパワハラで休職に追い込まれて、自己犠牲的といっていいこの20年を振り返って、果たしてこれで良かったのかと。

団塊ジュニア世代・就職氷河期世代が親世代と同じレールを走ったら、大きな過ちを犯すのではないか?

 

今世間一般の40代いわゆる団塊ジュニア世代は、バブル崩壊後に成人となり、就職氷河期の最初期を経験し、20年間社会から捨て置かれました。

「7040」「8050」問題に象徴されるように不遇の世代といわれています。

 

ここ数年、同年代の堀江貴文さんが「社会が劇的に変革していくなかで好きなことだけやればいい世の中になっていく」と発信され、とても共感を覚えています。

 

しかし、メディアに現れない多数の同世代は、社会の中核として朝から晩まで必死に働いて、日々何を思い暮らしているのでしょうか・・・? 

 

このような大そうなことを漠然と考えていましたが、先に書いたように最近休職に追い込まれたのをきっかけに、ちょっと立ち止まってブログに書いてみようと思い立った次第です。 

 

休職した経験を中心に、身の回りのことを書いています。

「休職と復職」「働き方改革」「ワークライフバランス」「副業(複業)」「メンタルセット」といったことを扱っています。

 

また、オーディオ&ビジュアルやクラシック、ジャズ、ヘヴィミュージック、洋画、ゲーム、読書、太平洋戦争関係など、趣味関係も書いています。

 

下に各カテゴリーについての説明がありますので、読んでいただければ幸いです。

 

【「40代」「団塊ジュニア世代」を考えるオススメの本①】

『世代の痛み 団塊ジュニアから団塊への質問状』上野千鶴子雨宮処凛

時間軸と空間軸のなかで今の40代の立ち位置を俯瞰で見るのに最適な、上野さんと雨宮さんの共著。団塊ジュニア世代である雨宮さんは自らの立ち位置から逃れられないし、それは団塊世代である上野さんも同様。言い方を変えれば、団塊世代がそうであったように、今の40代も独自の生き方を生きてよいはずだ。

 

-PR-

【「40代」「団塊ジュニア世代」を考えるオススメの本②】

『40代でシフトする働き方の極意』佐藤優

著者は外務官僚であった40代に、背任・偽計業務妨害容疑で逮捕、有罪判決を受ける。「40代というのはさまざまな転機が訪れる時期。人生80年と考えると、40歳というのはちょうど折り返し地点。これまでの人生を振り返りながら第2の人生について考える時期でもある」との著者の言葉が胸に沁みる。

 

-PR-

各カテゴリーについて

メインのカテゴリーは次の3つです。

 

【休職・病気休暇】

trrymtorrson.hatenablog.com

【休職中の過ごし方】

trrymtorrson.hatenablog.com

【職場復帰の記録】

trrymtorrson.hatenablog.com

 

メインカテゴリーのほかにも、次の3つのカテゴリーで多様な情報を扱っています。

 

【仕事が嫌いな人のための仕事論】

trrymtorrson.hatenablog.com

【時事ネタ】

trrymtorrson.hatenablog.com

【ブックレビュー】

trrymtorrson.hatenablog.com

 

上のメインカテゴリーから派生した、サブカテゴリーです。

 

【副業・複業】

trrymtorrson.hatenablog.com

【レアカード理論】

trrymtorrson.hatenablog.com

【週休3日制】

trrymtorrson.hatenablog.com

パワハラ事件簿】

trrymtorrson.hatenablog.com

【中高年の健康維持とLOH症候群】

trrymtorrson.hatenablog.com

 

そのほか趣味のカテゴリーです。

 

【自宅オフィス】

trrymtorrson.hatenablog.com

【オーディオ&ビジュアル】

trrymtorrson.hatenablog.com

【読書】

trrymtorrson.hatenablog.com

【中高年のスマホとPC】

trrymtorrson.hatenablog.com

【メタルの名盤レビュー】

trrymtorrson.hatenablog.com

【戦史研究】

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 

怪我で休んだって病気で休んだって精神疾患で休んだって、同じじゃないか

こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

2024年(令和6年)。

元旦に「令和6年能登半島地震」が発生。

2日には羽田空港日航機と海上保安庁の航空機との衝突炎上事故。

 

非常にしんどい。

辛い新年の始まりでした。

 

今年は個人的にも仕事とプライベートで重苦しいスタート。

 

年末年始にやることリストを整理して、いろいろ構想を練ってきましたが、前途多難。

 

達成したい目標がたくさんあるのに、望んだような成果をあげることができない。

 

やる気を失いかけてメンタルは不安定。

家計面で危機感を共有することができず、妻にイライラをぶつけてしまう日々。

 

もう数年前になりますが、サイコパスのような糞上司と組んで適応障害のような状態となり半年間休職しました。

 

今になって、「あのとき半年間もメンタルで休んだのは正解だったのか」という疑念が頭をかすめるようになりました。

 

あのときはもう心身ともに追い込まれて、朝出勤することができなくなって休むという選択肢しかなかったんですよ。

精神科で診断書を書いてもらって休みました。

 

それまでの数年間は、食事と寝る以外は、かなりの時間を仕事に費やしていました。

休んでからは、仕事以外にやりたいことが次々に湧き出てきました。

 

Amazon電子書籍Kindle)をスマホとPCに入れて本を読みました。

気持ちの整理をするために、自らに起こったことをWordに打ち込んでいきました。

Word原稿をそのままKindle本で出版しようと思ったらできました。

 

仕事で挫折して休職、その後の休職生活の経緯は『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』にまとめました。

 

休職中の内省生活そして復職してからの数か月のメンタルの動きについては『もう本業には全力で取り組まない。趣味と副業のウエイトを上げていく! ~半年間の休職から復職への体験記~』にまとめています。

 

-PR-

 

いち早く災難から逃げたのは、自分としては正解だった。

あのとき逃げなければ、もっとひどい状況になっていた。

 

そう思っていましたし、今でもそれが正しかったと証明するために考えて行動してきたつもりです。

 

しかし繰り返しになりますが、「半年間も休んだのは正解だったのか?」という疑念が頭をかすめるようになってしまった。

 

半年間休職して、職場復帰を果たしたものの、それからなかなかしんどい状況から完全復活することができないです。

 

50歳になるのを目前に控えて、中年特有の焦燥感もあるんだと思いますが。

 

Kindle本を出版して「休職のススメ」を人に説いているからには、それが失敗だったというわけにはいかない。

 

373news.com

 

なぜ、さも精神疾患で休むことが異常であるかのような印象を受けるのか?

 

なぜ、「今年は骨折で何人休んだ」というのが記事にならないのか?

 

人手不足により、業務が多忙を極めて県職員が疲弊しているという記事なら理解できるのですが。

 

精神疾患で休んだことによる自責の念というか自己嫌悪に苛まれるうえに、人事評価上の明らかなペナルティを科せられる。

 

それは、精神疾患で休むような者に重要な仕事は任せられないという判断が下されたということでしょう。

 

直接そう聞いたわけではありませんが。

そうに違いない。

 

怪我で休んだって病気で休んだって精神疾患で休んだって、扱いは同じにしないと不公平じゃないか。

 

ともかく、自分で自分を追い詰めてはいけない。

しんどいうえに、変なプライドで自分を追い込んではいけない。

 

やる気のなさや不安定なメンタルを持て余していますが、辛抱しないといけない。

できない自分でいいじゃないか。

 

休職したのは正解だった、回り道したのが大いに役に立った。

 

これを何としても証明しなければいけないと考えています。

 

本日の記事は以上です。