40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット そんなことを書いているブログ

中野信子さんの『サイコパス』を読んで。パワハラ上司との闘いは自分との闘い

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 パワハラ上司は部下をネチネチと精神的に追い詰めていきます。

 異常な人格により部下はうつ病や自殺に追い込まれます。

 そういう事例が後を絶たない。

 

 僕は得体のしれない威圧感のある上司からネチネチと責められ半年後に精神科に受診して休職することとなりました。

 

 当初は僕もパワハラを受けたという自覚は無くただ追い詰められて精神的に参って会社に行けなくなったと思っていました。

 休職期間に入ってから僕が組んだ上司は実はクラッシャーであり、僕はパワハラによって潰されたのだと自覚しましたね。

 

 僕が休職に至った顛末は、拙著『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本も出していますので、同じような境遇の方は読んでみてください。

 

 僕はここ2年ほど、部下をうつ病や自殺に追い込むパワハラ上司は「人格異常者(=サイコパス)」だという仮説を持ち続けてきました。

 

 『サイコパス』といえば中野信子さんですね。

 

    

 

 中野さんの『サイコパス』を読み終えましたが、結論から言うと「うーん・・期待していたものと違う」ですね。

 

 僕が期待するような身近にいるサイコパス上司などについての記述はほとんどなく、主に犯罪者に関する各研究分野における最新学説を網羅的に紹介する本という感じでした。

 

 しかしこの本で一か所だけ「サイコパス」と「パワハラ上司」を重ね合わせて説明している部分があるんです。

 

 カナダの犯罪心理学者、ロバート・ヘアという人が「サイコパシー・チェックリスト(PCL-R)」というものを開発しているそうです。

 つまりサイコパスかどうか自己診断するチェックリストですね。

 ヘアはサイコパスを「標準」「操縦」「男性的」という3種類に分けています。

 いずれのタイプにも共通する特徴は、感情が乏しい、共感能力がない、罪悪感の欠落、良心の呵責の欠如。

 

 ヘアはこのうち「男性的」に分類されるサイコパスの特徴として、次のように説明しています。

 

 このタイプは、攻撃的で弱い者いじめをし、周囲に不快感をもたらす傾向があります。ほかのタイプほど表面的魅力はなく、あまり他人を操らない、というか操る能力がありません。言葉よりも行動に出やすいタイプです。威圧的な態度、嫌がらせ、恐怖による支配を行い、うまくいかないことはすべて人のせいにします。自分はルールやマナーを破ることが多いのに、他人をネチネチと責めます。出世レースからは脱落し、重要ではない部署の管理職として、部下に威張り散らしている人間に多いでしょう。短気で頭に血が上りやすく、すぐ怒りをあらわにしますが、すぐにそのことを忘れ、何もなかったようにふるまうといった傾向があります。

 

 どうですか。まさにパワハラ上司、クラッシャー上司そのものではありませんか。

 サイコパス研究の第一人者ロバート・ヘアが、パワハラ上司をサイコパスの一形態としてきちんと認めているのですね

 

 繰り返しますが僕はここ2年ほど、部下をうつ病や自殺に追い込むパワハラ上司は「人格異常者(=サイコパス)」だという仮説を持ち続けてきました。

 人格異常者との闘いに打ち克つことが僕の中で一つのテーマとなっています。

 

 パワハラ上司とどう付き合うか?

 パワハラ上司に休職に追い込まれたあと復職してどう自分を立て直すか?

 

 もちろんサイコパスと直接対決したら100倍返しされますのでそうではなく自分との闘いなんです。

 パワハラ上司との闘いがいつしか自分との闘いに変わりましたね。

 40代半ばのオッサンになって初めて自分というモンスターを如何にコントロールするかという闘いに直面しています。

 

 

☟『サイコパス中野信子(文春新書)

 

選択的週休3日制の導入は労働時間削減とセットでないと意味がない

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 先日より働き方改革を力強く発信した小室淑恵さんのことや政府の骨太の方針に選択的週休3日制が取り上げられたことを書きました。

 

 まだ夜中まで残業してませんか?

 残業して成果が上がっていると思っていませんか?

 

 個人では如何ともしがたい部分ではありますが。

 

 しかし政府の骨太の方針では労働時間削減等のフェーズⅠから、次の段階フェーズⅡに進んでいるという書きぶりです。

 

 まだ全然労働時間の削減は進んでませんよ。

 それがサラリーマンのみなさんの声ではないでしょうか。

 

 新型コロナウイルス感染症への対応やオリンピックのような目先の話題に一喜一憂してる場合じゃありませんよ。

 

 小室淑恵さんは世界から見て「日本人は仕事ばかり」「ワーク・ワーク・ワーク」の国だと見られていると言いました。

 全く同感です。

 小室さんの国会でのプレゼンを是非見ていただきたいですね。

 

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 政府の骨太の方針に選択的週休3日制が取り上げられました。

 それは次のような書きぶりです。

 

 選択的週休3日制度について、育児・介護・ボランティアでの活用、地方兼業での活用などが考えられることから、好事例の収集・提供等により企業における導入を促し、普及を図る。

 

 

 令和3年第8回経済財政諮問会議資料へのリンクを貼っておきます。

 

第8回会議資料 令和3年 会議結果- 経済財政諮問会議 - 内閣府

 

f:id:trrymtorrson:20210613230137j:plain

 選択的週休3日制が骨太の方針に取り入れられるにあたり、提言書を政府に提出した一億総活躍推進本部。

 これの本部長、自民党所属の参議院議員である猪口邦子さんは国際政治学者で上智大学名誉教授、内閣府特命担当大臣少子化男女共同参画担当)も務めたという人です。

 ほとんど情報がありませんが猪口さんはおそらく選択的週休3日制の導入に熱心に取り組まれたと想像します。

 

 しかし先の骨太の方針を見ると、いささかトーンダウンというかずいぶん後退した記述に終わってしまっているんですね。

 

 「好事例の収集・提供等により企業における導入を促し、普及を図る」というのは、つまり国としては企業に情報提供するくらいにとどめるということなんですね。

 

 企業に導入を義務づけるとこまでは全然いってないんです。

 ちょっと物足りないですね。

 

 さらに言えば、週休3日制の導入は働き方改革フェーズⅠの労働時間削減とセットでないと意味がないんですよ。

 そうしないと、結局休んだ人を誰かが残業でカバーしないといけなくなって本末転倒になるからですよ。

 

 先日の記事で小室さんの国会プレゼンのYouTube動画を貼りましたが、小室さんが次のように言ってました。

 

 まず欧米並みの割増残業賃金の導入が必要。

 そして、国際会計基準の導入が必要。

 

 小室さんによれば国際会計基準では、社員が積み残した有給休暇は負債の額に書き込まなければならないそうです。

 

 そういう制度の見直しが必要なのに、骨太の方針ではなんかふわっと選択的週休3日制にふれているだけなんですね。

 これではいつになることやら。

 

 繰り返しますが新型コロナウイルス感染症への対応やオリンピックのような目先の話題に一喜一憂してる場合じゃありません。

    ワクチン接種は軌道に乗って急ピッチで進んでるからもういいんです。

 

 もっと本質的に国を変えていく議論が必要です。

 

政府「骨太の方針」原案に、選択的週休3日制度が明記されました

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 僕は一昨年サイコパスのような糞上司と組んで適応障害のような状態となり半年間休職した人間です。

 

 それ以来仕事のやりがいを失い、もう本業には全力で取り組まないことを決めて「定時に帰ろう運動」「有給休暇取ろう運動」を推進してきました。

 

 今年に入り、自民党の一億総活躍推進本部というものが「週休3日制」について議論を重ね、その提言書を政府に提出していたんですね。

 

www.nikkei.com

 

 その後どうなったんだろうと気になっていましたが、先日内閣府経済財政諮問会議の「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太の方針)原案が公表されたんですよ。

 

 そこに「選択的週休3日制」が記載されていました。

 日経新聞が比較的詳しく報じています。

 

www.nikkei.com

 

 骨太の方針というのは、新型コロナウイルス感染症への対応から、経済、雇用、脱炭素、IT、社会保障など幅広く2021年の政府の方針が頭出しされたものなんですが、そこに次のように入れ込まれていました。

 

 選択的週休3日制度について、育児・介護・ボランティアでの活用、地方兼業での活用などが考えられることから、好事例の収集・提供等により企業における導入を促し、普及を図る。

 

 わずか3行なんですが政府の方針に明記されたことで、今後具体的な施策に落とし込まれていくはずです。

 

 国の出先機関地方公共団体で骨抜きにされなければですが・・・(苦笑)。

 

 選択的週休3日制度の位置づけというのは、労働時間削減等に取り組んだフェーズⅠに続く、働き方改革フェーズⅡに当たるものだそうですね。

 

 フェーズⅠの労働時間削減等が十分でない気がしますが。

 僕の職場は閑散期もありますがひどい残業職場ですね。

 

 ともあれ今後も一層労働時間削減や柔軟な休暇の取得が進むことを期待します。

 

 令和3年第8回経済財政諮問会議資料へのリンクを貼っておきます。

 

f:id:trrymtorrson:20210613230137j:plain

 

第8回会議資料 令和3年 会議結果- 経済財政諮問会議 - 内閣府

 

働き方改革の立役者、小室淑恵さんの国会でのプレゼンがスゴイ

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵さんという方をご存知でしょうか。

 この人こそ、長時間労働の是正を政府に働きかけて「働き方改革こそ成長戦略だ」という政府の方針を方向付けた立役者になる方です。

 

 ちなみに小室さん、とても美しい方でファンになりました。

 

 小室さんは次のような政府の検討会の委員を歴任しています。

 安倍内閣 産業競争力会議間議

 経済産業省 産業構造審議会委員

 文部科学省 中央教育審議会委員

 厚生労働省 社会保障審議会年金部会委員

 内閣府 子ども・子育て会議委員

 内閣府 仕事と生活の調和専門調査会委員など。

 

 小室さんらの尽力でのちにいわゆる「働き方改革関連法」といわれる労働基準法などの改正法の成立につながります。

 

 小室さんが力説した時間外労働の上限規制や長時間労働抑制策が改正法の目玉になるわけです。

 

 その小室さんが2012年3月の衆院予算委員会公聴会でプレゼンしているのですが、それが圧巻なのですね。

 

 なぜ長時間労働の抑制が必要なのか、働き方改革の趣旨がこのYouTube動画でよくわかります。

 9年くらい前のものですが。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 小室さんの会社は「労働時間を削減し収益を上げる」ということを目的として数多くのコンサルティング業務を行ってきました。

 

 上の動画で小室さん自身が言っているように、ワークライフバランスというと女性の家事、育児の話と思われるがそうではない。

 実は男性の仕事と介護の両立の話だというんですね。

 男性管理職が介護で労働時間が制約されるという事案が急増しているんだと。

 

 2012年の時点で、もうすぐ男性社員の5分の1が親の介護の問題で労働時間を削ったり離職したりというのが急増してくると言っています。

 

 日本は世界で最も労働時間が長くて、労働生産性は先進国の中で最下位。

 少子高齢化社会の到来で長時間労働に頼った日本の働き方では、深刻な労働力不足をまねき破綻してしまう。

 こんな労働条件の悪い国は海外からも労働市場の魅力がない国と映ってしまう。

 

    

 

 いま新型コロナウイルスの流行によって、働き方が大きく変わっています。

 

 テレワークとかですね。

 

 でもコロナによる「働き方の変化」は、これまで国で議論されてきた「働き方改革」の話と全然関係ないんですよ

 

 なんとなくコロナで働き方改革が進んできているような気になりますが、もともとは全然違うんですよ。

 もしかしたらコロナで意図しない労働時間の縮減が進行しているかもしれませんが。

 

 小室さんの上のプレゼンが2012年ですから、9年近く経ってもなかなか本来の意味での働き方改革が進んでいる実感がないんですよね。

    相変わらず夜中まで残業してませんか?

 

 働き方改革とは一言で言って「労働時間を短縮し成果(アウトプット)を上げること」。これに尽きます。

 

 是非小室さんの動画をご覧ください。

 

☟『労働時間革命 残業削減で業績向上!その仕組みが分かる』小室淑恵 著(毎日新聞出版) 

 

松下幸之助が創設したPHP研究所。「PHP」の意味って何?

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 昨日の記事に引き続いてですが、いま松下幸之助さんの語録を集めた本を読んでいます。

 それなりにもっともらしいことが書かれてあります。

 

 松下さんは現在のパナソニックの創業者というだけでなく、あの「PHP研究所」を創設しているんですね。

 「PHP」とは、「Peace and Happiness through Prosperity(繁栄によって平和と幸福を)」という意味だそうです。

 PHP研究所はトータルシンクタンクとして創設され、現在は主に出版事業を展開しています。

 

 この本で僕なりに重要な論点が書かれている部分があるのでそこをちょっと長くなりますが引用したいのですね。

 どうも気になって何回も読み返してしまうんですよ。

 

    

 

 社会のために自己修養を求める

 自分の教養を高めるとか、自分の技術を向上させるとか、あるいは健康な体をつくるということは、自分を幸せにし、また自分の社会的地位を高めるためばかりでなく、社会の一員として共通の義務だと考えなければならない。

 そういう義務感というか、社会の一員としての連帯感というものを、一人ひとりが常にしっかりと認識して、日々、自己の人格の向上、良識の涵養ということに努めていってほしい。

 

 PHP研究所から出版された松下さんの著作からの一節です。

 

 このような義務感を一人ひとりが持たなくてはならないということが、どうにも理解できない。

 頭では立派な考えだということはわかるけど、どうも腑に落ちないんです。

 

 「教養を高める」「技術を向上させる」「健康な体をつくる」

 

 まずもってこの三角形をバランス良く向上させるというのは、非常に難易度が高いと思いませんか?

 「教養」ってなんですか?

 「技術を向上させる」といっても、良き指導者がいなければ技術は向上しません。いま組織の中にそういう能力と余力のある指導者がいますか?

 「健康な体をつくる」というのは、「健康な心身をつくる」ということですよね。

 今の世の中、心身ともに健康を保つということが至難のワザではないでしょうか?

 「教養」「技術」「健康」のどれか一つ欠けたら、社会の落伍者ってことですか?

 

 しかも松下さんはこの三つを高めるのは自分のためではなく「社会の一員として共通の義務だ」というわけですよ。

 

 僕らはもう色んなことに疲弊しきっていて、松下さんの言ってることの意味が理解できないんですね。

 

 「社会の一員としての連帯感」すら意味が分からない。

 ちょっと今の時代にそぐわない堅苦しい感じがしてしょうがないですね。

 

 でも苦しい人を助けてあげたい。

 人を思いやる心を持って、ともに支え合って生きていける世の中になってほしい。

 僕もそういう願いは持っているんですが。

 願うだけではダメですかね。

 

 松下さんがPHP研究所を立ち上げたときの理念は「繁栄によって平和と幸福を」でしたね。

 

 みんなが平和で幸福に生きていくためには、社会が繁栄するよう一人ひとりが努力しなければならないと。

 

 努力の方向性がわからない。

 「繁栄」の意味すら分からないんですよ。

    松下幸之助さん、もう終わってませんか?

 

☟『松下幸之助から未来のリーダーたちへ』佐藤悌二郎 編著(アチーブメント出版

 

サラリーマン一人ひとりがすでに「個人商店の経営者」の時代

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 昨日の記事に引き続いてですが。

 僕はいま松下幸之助さんの語録本を読んでいます。

 

    

 

 言うまでもありませんが、松下幸之助さん(1894-1989)は戦前から会社を立ち上げ、松下電器産業、現在のパナソニックの基礎を一代で築いた「経営の神様」ですね。

 

 僕は経営者ではなく40代半ばを過ぎたヒラのサラリーマンで、しかも一昨年仕事と上司に潰されて休職したような人間です。

 

 そんな僕がなぜこういうビジネス書、自己啓発書や経営者本を読んでいるのか?

 

 前回の記事も含めてそういう読書についての記事を何回か書いてきたわけです。

 早い話が「人生やり直し。また勉強やり直さないとダメだ。もっとこの社会や人間関係のなかで大局的な視点から要領よく立ち回っていきたい」ということを考えたからですね。

 

 前回に自らもうつ病経験者である林直人さんという人の東洋経済の記事を取り上げたんですが、考えさせられるものでした。

 「うつの人がやる気がある人向けの自己啓発書や経営者本を読んでも逆効果だ」という問題提起なんですね。

 

toyokeizai.net

 

 しかし、林さん自身が起業家なんです。

 松下幸之助さんの時代と違って新しい方法で起業ができる。

 

 『1万円起業』という本があるのですが、それこそ1万円どころか0円起業できる。

 どんな形でも自分が起業と思えばそれは起業だし、逆に起業したという意識さえないくらい簡単にネットビジネスやSNS起業ができる世の中です。

 

    

 

 松下さんのような「経営の神様」にならなくても起業ができる。

 もっと言えばサラリーマンのかたわら「副業」も可能です。

 

 僕は半年間の休職をきっかけに次のようなことに着手しました。

 

YouTubeチャンネル開設(アカウント凍結されましたが)

はてなブログ開始

◇写真ダウンロードサイト「PhotoAC」に写真投稿

◇アマゾンKindle出版

楽天ポイント投信やSBIソーシャルレンディングで資産運用

ツイッターアカウント開設

 

 こういうものをコツコツと少しづつ育てていくことが、まさに「副業」として成り立つんです。

 

 元日本マイクロソフト社長で書評サイトHONZ代表の成毛眞さんは著書の中で次のように書いています。

 自分は「個人商店の経営者」だと考えてみよう。いま勤めている会社の仕事も、個人商店の経営者として引き受けている仕事の一つだと思えば、適度な距離感を保てるようになる。対価以上の仕事をするのは、自営業には厳禁だ 

    

 

 成毛さんの言う通りサラリーマン一人ひとりが「個人商店の経営者」なんですよ。

 

 ひどいうつ病の人などはまず休養が最優先に違いありません。

 

 しかし大多数のサラリーマンの人はすでに「個人商店の経営者」なんですよ。

 

 そうであればこそ経営者の心得的なものを学んでおいて損はないと思うんですよね。

 

 

☟『松下幸之助から未来のリーダーたちへ』佐藤悌二郎 編著(アチーブメント出版

☟『1万円起業』クリス・ギレボー 著/本田直之 監訳(飛鳥新社) 

 ☟『40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい』成毛眞PHPビジネス新書) 

 

うつの人が自己啓発本や経営者本、セミナーを真に受けて人生を変えようとするのは危険だ

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 ツイッターでフォローしている方のツイートで興味深いものがありました。

 「うつの人が自己啓発本や経営者本、セミナーを真に受けて人生を変えようとするのが危険な理由」という東洋経済の記事です。

 

 僕もうつ状態を経験し職場を半年休職した経験があるので考えさせられる内容でしたね。深いです。

 

toyokeizai.net

 

 僕もちょうど松下幸之助さんの語録本を読んでいるのですが・・・(苦笑)。

 

    

 

 もちろんじっくり読めば心に響くものがありますよ。

 

 でも確かにこの手の本って当たり前のことをいかにも有難みがあるように仰々しく書いていると思いませんか?

 

 上の松下さんの本にしてもそうです。

 見出しを列挙してみましょう。

 

 第1章「責任を果たす」

 第2章「熱意を持つ」

 第3章「衆知を集める」

 第4章「人を育てる」

 第5章「先頭に立つ」

 第6章「みずからを高める」

 

 分からなくもないんですが、しらけませんか?

 

 うつになるような真面目な人は、いろんなことに気を配りながら頑張ってきました。

 「責任を果そうとして」頑張り過ぎて潰れたんです。

 

 「人を育てる」「先頭に立つ」なんておこがましくて言えませんよね。

 こんな文章自分が書いてたら恥ずかしいと思いますね。

 

 誤解を恐れず言わせてもらえば、元来経営者なんて傲慢なワンマンなんですよ。

 そう思いませんか?

 

 「全ての部下の声に耳を傾けなければならない」

 部下の意見を聞かなければただのブラックワンマン経営者ですよね。

 

 「熱意に関してはだれにも負けないものを持たなくてはならない」

 人を欺いて蹴落としていく熱意ですね。

 

 正直で真面目でうつになるような人は人の目を気にし過ぎて生きています。

 人を欺いて蹴落とすなんてとんでもないことです。

 

 経営者は自己中心的で他人の犠牲の上に立つからこそ経営者たり得るんですよ。

 なったことないから分かりませんが。

 

 経営者本なんて真面目な正直者の平社員が読んでも噴飯ものですね。

 あえて言いますが。

 

 「うつの人が自己啓発本や経営者本、セミナーを真に受けて人生を変えようとするのは危険だ」

 

 それでも僕は多少経営者本を読もうと思っています。

 自己啓発本や経営者本、セミナーを全否定するわけではなくて少しは有益だと思うんです。

 経営の世界は厳しくて孤独でしょう。

 

 「責任を果たす」

 「熱意を持つ」

 「衆知を集める」

 「人を育てる」

 「先頭に立つ」

 「みずからを高める」

 

 松下幸之助さんはこういったことを、寝ても覚めても考え続けていたんだろうと思います。

    もっとも、その前に松下さんは会社経営の世界に一歩踏み出した。ファーストステップを踏み出さないことには何も始まらないし、まずゼロイチを達成するか否かが凡人との大きな違いではあります。

 

    真面目な正直者の平凡な道を外れてきたからこそ経営者に上り詰めてこれた。

    だから自分に対する反省を込めて敢えてこういうことを殊更強調して言ってる面もありますよね。

 

 凡人がこういったお題目を考え続けたらどうなるか。

 考え続けたら実現するといいますね。

 インプットしたらアウトプットする。

 そう簡単なものではないかもしれませんが。

 我がこととして考えるということですね。

 経営者にはならなくても自分の中で何かが変わるかもしれません。

 

☟『松下幸之助から未来のリーダーたちへ』佐藤悌二郎 編著(アチーブメント出版