仕事したくない事務職のオッサンのビジネスブログ

40代中年の危機 休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット

Arch Enemy『Wages of Sin』(2001年)平成の回顧録的観点からメタルの名盤を振り返る㊳

こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

仕事人間でしたがきっつい上司に潰され半年くらい休職した経験があります。

 

休職期間中は仕事のことを一切忘れて、デスメタルTシャツを着込んで、デスメタルを聴きながら療養していたんですよ。

 

さて休職して自分と向き合う時間ができたので平成の振り返りをしたいんですが、僕にとって平成の30年間(から令和の現在まで)ほぼどっぷりヘヴィメタルを聴いて過ごしてきたんですね。

そこで平成の回顧録的観点から、もはやクラシックだが色褪せないヘヴィメタルの名盤を紹介します。

歴史は風化したり断絶したりしますが、優れた作品を聴いた時の衝撃は鮮烈に思い出されます。

 

第38回目はスウェーデンArch Enemy(アーチ・エネミー)の4枚目のフルアルバム「Wages of Sin」です。

「Wages of Sin」は2001年リリースで、2001年は平成13年になります。平成13年は僕が27歳でした。

 

■2001年の日本(wikipediaより)

◆国民の圧倒的支持により小泉内閣が誕生◆ローライズジーンズやロングマフラーが流行した◆ドメスティックバイオレンスの防止と被害者の保護を図るため、DV防止法が施行された◆シャープが液晶テレビAQUOS」を発売◆中央省庁再編によりこれまでの1府22省庁から1府12省庁へ再編統合された◆ユニバーサルスタジオジャパンUSJ)が大阪市に開業◆さくら銀行住友銀行が合併して三井住友銀行誕生◆ウィキペディア日本語版が開設される◆大阪教育大附属池田小児童殺傷事件◆東京ディズニーシー開園◆アメリカ同時多発テロ事件AppleiPod発表◆JR東日本Suicaのサービスを開始◆テレビ朝日で第1回M-1グランプリが放送。初代王者に中川家

◆ベストセラー:宮部みゆき模倣犯』新しい歴史教科書を作る会『新しい歴史教科書』◆映画:『ザ・セル』『ブレアウィッチ2』『ハンニバル』『スターリングラード』『バトル・ロワイヤル』『パール・ハーバー』『千と千尋の神隠し』『トゥーム・レイダー』『ワイルド・スピード』『メメント』『ハリー・ポッターと賢者の石』...etc.

 

 

Arch Enemyは、元Carcassのマイケル・アモットを中心に1995年に結成。

 

初期の3枚のアルバムがいずれも素晴らしい作品で、メロディックデスメタルの中心的な地位を確立しました。

そんな順風満帆だった彼らが、ヴォーカリストのヨハン・リーヴァを解雇し、当時考えも付かないような女性ヴォーカリストの起用を発表するんですね。

度肝を抜かれました。

そのことは下の記事でも書いています。

 

trrymtorrson.hatenablog.com

 

そうして発表された4枚目のアルバムである本作「Wages of Sin」は、彼らの作品のなかでも最高傑作の一つとなりました。

僕はこの作品が一番好きですね。

アンジェラ・ゴソウのサタニック・ヴォイスが素晴らしいのはもちろん、マイケルとクリストファーのアモット兄弟によるギタープレイとソングライティングが、バンド史上最も冴えわたっています。

 

1曲目の「Enemy Within」は、ヘヴィでスピーディーでキャッチーな彼らの新しいテーマソングに相応しい名曲。アイアン・メイデンの「Aces High」を彷彿とさせます。

2曲目の「Burning Angel」や4曲目「Revenous」は、ツインギターによるリフとハーモニーがこれまたキャッチーな佳曲。

そして3曲目の「Heart of Darkness」は、ゾクゾクするギターフレーズとサビのコーラスが印象的なミドルテンポの曲で、前半のハイライトとなる曲です。

 

www.youtube.com

 

中盤から後半にかけても、一切緊張感を失わない名曲揃い。

ベーシストのシャーリー・ダンジェロ作曲による「Savage Messiah」は、本作で最もダークでヘヴィな曲で良いアクセントとなっています。

 

6曲目「Dead Bury Their Dead 」、8曲目「The First Deadly Sin」は激烈でサタニックなスピードメタル。カッコよすぎる・・!この2曲のブレイクパートからギターソロへの流れが大好きなんですよ!

 

後半では一層実験的でバラエティーに富んだ楽曲を並べています。

レッド・ツェッペリンみたいなリフからダークでヘヴィな曲展開の9曲目「Behind the Smile」、ギターインストの10曲目「Snow Bound」、クリストファーのアイデアと思われる印象的でキャッチーなギターリフの11曲目「Shadows and Dust」。

 

ダニエル・アーランドソンのドラムプレイが最高に重くてキレがいいし、アンディ・スニープをミックスとマスタリングに起用して、素晴らしく音がいいです。

 

個人的には本作をもって、Arch Enemyは終わってしまったと思っています・・。

「Dead Bury Their Dead 」のライヴ。アンジェラ姐さんが凄すぎです・・。

 

www.youtube.com

 

メロディックデスメタルをただのうるさい馬鹿げた音楽だと思ってはいけない。極めて芸術性の高い作品もあるのだ。若い頃ビートルズの先鋭的な音楽を聴いて衝撃を受け、50代、60代になってもマニアで居続ける人がいるが、メロディックデスメタルも同じだ。おそらく50代、60代になっても愛聴するだろう。そう思っています。

僕も40代半ばになりましたが、変に老成することなく、このときのArch Enemyのように粗削りで暗く尖ったオッサンでありたいと思います。 

 

Wages Of Sin

Wages Of Sin

  • アーティスト:Arch Enemy
  • Century Media /p.h.m
Amazon

 

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com