仕事したくない事務職のオッサンのビジネスブログ

40代中年の危機 休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット

【戦史研究1】極東国際軍事裁判被告人28名の明暗

こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

本業のサラリーマンに復職しました。

 

約2か月前に、ホリエモン著『多動力』に書いてある「レアカードになる方法」を参考にして、僕自身の肩書きを下記のように列挙しました。

各事業の進捗状況を定期的に整理しています。

 

【本業のサラリーマン職×○○職(実家の家業のこと)×3児の父(ほとんど嫁さん任せ)×休職経験者×個人投資家(収益はごく少ない)×ブロガー(成果は出ていません)×写真家(写真AC(Photo AC)に投稿しているだけ)×作家(Kindle本を1冊出しただけ)×書評家(読書量は少ない)×映画評論家(ブログでレビューを2本書いただけ)×戦史研究家(読んだ本の内容ほとんど忘れた)×YouTuber(コピー動画を投稿しているだけ)×ラーメンライター(近所のラーメン屋さんに行って食べログに書くだけ)】

 

このなかで、僕は「戦史研究家」という肩書を作りました。

戦史研究家」の基本的なスタンスは次の通りです。 

 

■ 戦史研究家

ここで言う戦史とは太平洋戦争史です。

僕は10年以上前、光人社の戦記ものなどをよく読んでいました。

この戦争で一説には日本人が約300万人亡くなったとされ、最終的に極東国際軍事裁判で28名が起訴され7名が絞首刑に処せられました。

 

戦前から敗戦に至るまで、歴史上重要なターニングポイントをいくつも経て、無数の重要な政策・戦略判断が行われ、また個々の戦場でも夥しい戦術判断がありました。

いわゆるA級戦犯に責任を負わせる、軍部が独走したなど、物事を単純化してはいけません。実際いろんな議論があります。

 

かつて日本人が白人アメリカとガチで戦って敗れた。完膚なきまで叩きのめされ、悲惨な負け方をした。負けたあとも、精神の根幹を巧妙に支配された。自分のことのように悔しいが、この敗戦があったから今の日本がある。

 

とりあえず、A級戦犯などの自伝、小説、検証本その他たくさん読んでみましたが、読んだ本の内容をほとんど忘れてしまいました。

途中で挫折しています。

結局、なぜあれほどの悲惨な敗戦を迎えなければならなかったのか未だ謎です。

 

そのうち自分独自の、個々の人物、個々の戦場を網羅した「太平洋戦争相関図」を作成するのが目標です。

歴史家や戦史研究の専門家、そのほかにも膨大な知識を持つ人はざらにいると思いますが、僕はあくまで趣味の範囲で、個人的な観点でライフワークとして真相を究明したいというのが望みです。 

 

-PR-

そういうわけで、いくつかこれからやっていきたいことの一つが「戦史研究」なわけですが、サラリーマンに復職して忙しい中でこのライフワーク一つにかかっているわけにもいかない。

 

本業に復帰して段々仕事が増えて拘束時間も長くなってくると、趣味や副業に割く時間が厳しくなってきます。

 

やりたいことが多くなり過ぎて放置されてしまったタスク、即ち「ゾンビタスク」が増えてくる。

 

人生の残された時間は有限です。

一つ一つ成果を出していきたい。

 

大き過ぎる課題やタスクやプロジェクトを突破するには、「ブレイクダウン」や「ボトムアップ」、「マインドマップ」という方法があります。

 

戦史研究という取り組みでは、個々の人物、個々の戦場を網羅した「太平洋戦争相関図」を作成するのを目標にしていますが、目標が巨大で曖昧すぎて作業が進捗しません。

 

そこでこの戦史研究では、「ブレイクダウン」の方法を用いて、日中・太平洋戦争に関する人物、事件、戦場をバラバラに分解します。

 

今回は日中・太平洋戦争に登場する主要人物を頭出しします。

 

■ 極東国際軍事裁判に起訴された被告人28名

板垣征四郎、南次郎、梅津美治郎(以上関東軍関係者)、土肥原賢二(特務機関)、荒木貞夫松井石根、畑俊六、木村兵太郎武藤章佐藤賢了橋本欣五郎(以上陸軍)、永野修身嶋田繁太郎岡敬純(以上海軍)、広田弘毅平沼騏一郎東條英機小磯国昭(以上総理大臣)、賀屋興宣(大蔵大臣)、木戸幸一内大臣)、松岡洋右重光葵東郷茂徳(以上外務大臣)、大島浩白鳥敏夫(以上外交官)、鈴木貞一、星野直樹(以上企画院総裁)、大川周明(思想家)

 

太字が死刑(絞首刑)、それ以外の者は終身刑以下となります。

これらの人物以外でも戦犯指名された者、されなかったが重要な役割を演じた者が無数に存在します。

 

小林正樹監督の映画『東京裁判』(1983年)では、被告人の他に、近衛文麿、阿部信行(以上総理大臣)、真崎甚三郎、石原莞爾山下奉文本間雅晴、田中隆吉(以上陸軍関係者)が登場しています。

 

被告人を見て思うのは、死刑判決を受けた者とそれ以外の者が、はっきり明暗を分けたこと。

死刑判決は東條を含めて陸軍関係者が6名で、海軍関係者は1人もいなかったこと。

広田が文官で唯一死刑という形で責任を取らされたこと。

 

これらの事実だけでも、ズッシリと重みを感じます。

 

本日の記事は以上です。

 

 ☟『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』戸部良一他(中公文庫) 

 

trrymtorrson.hatenablog.com 

trrymtorrson.hatenablog.com