40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット そんなことを書いているブログ

平成の回顧録的観点からメタルの名盤を振り返る⑱1998年リリースFear Factory『Obsolete』

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 仕事人間だった私がきっつい上司に潰され、5か月以上休職したのち復職しました。

 私は約30年間メタルとともに歩んできました。

    休職期間中は仕事のことを一切忘れて、デスメタルTシャツを着込んで、デスメタルを聴きながら療養していました。

 

 さて平成の回顧録的観点から、もはやクラシックだが色褪せないヘヴィメタルの名盤を紹介します。歴史は風化したり断絶したりしますが、優れた作品を聴いた時の衝撃は鮮烈に思い出されます。

    第18回目は米国ロサンゼルスのFear Factory(フィア・ファクトリー)の3枚目のフルアルバム「Obsolete」です。Obsoleteは1998年リリースで、1998年は平成10年になります。平成10年は私が24歳でした。

 

■1998年の日本(wikipediaより)

新進党の6分裂や民主党の躍進、公明党の再発足、自社さ連立政権の終焉により政界勢力図が大きく変動した◆前年に続き、日本長期信用銀行日本債券信用銀行など、大手企業や銀行の倒産が相次いだ◆日本の年間自殺者数(警察庁発表データによる)が前年より8000人以上増加して3万人を超える。中でも、50代の自殺が急増している◆CD生産枚数が合計で約4億5717万枚と国内史上最高を記録し、CDバブル絶頂期となる◆同じく日本国内でのセルビデオソフトのうち、ビデオカセットでの売上金額が約2121億円、売上本数が約5232万本と国内史上最高を記録する◆日本でiMac発売◆和歌山毒物カレー事件

◆ベストセラー:五木寛之大河の一滴』リチャード・カールソン『小さいことにくよくよするな!』郷ひろみ『ダディ』鈴木光司『ループ』さくらももこももこの話小林よしのり『新ゴーマニズム宣言スペシャ戦争論浅田次郎鉄道員(ぽっぽや)』◆映画:『HANA-BI』『G.I.ジェーン』『リング』『らせん』『フェイス/オフ』『アミスタッド』『グッド・ウィル・ハンティング』『007トゥモロー・ネヴァー・ダイ』『エイリアン4』『スターシップ・トゥルーパーズ』『ガタカ』『L.A.コンフィデンシャル』『リーサルウェポン4』『プライベート・ライアン』『アルマゲドン』...etc.

 

 Fear Factoryは1990年にロサンゼルスで結成されたインダストリアルなメタルバンド。ヴォーカルにバートン・C・ベル、ギターにディーノ・カザレス、ベースにクリスチャン・ウォルバース、ドラムにレイモンド・ヘレーラというラインナップ。

 

 ロスアンジェルスといえば、LAメタルである。

 LAメタルモトリー・クルーが代表的なバンド。他にもクワイエット・ライオット、ラット、ドッケン、ポイズン、W.A.S.P、ウォレント、グレイト・ホワイト、ストライパー、ジェフリア、キール、ラフ・カット、リジー・ボーデンなど多数のバンドが活動したムーブメントである。あのガンズ・アンド・ローゼズLAメタルムーブメントの末期に活躍したバンドだ。

 一方、インダストリアル・メタルは1981年結成のミニストリーや1988年に活動を開始したナイン・インチ・ネイルズが著名。

 

f:id:trrymtorrson:20201222171233j:plain

 

    さて本作。

    1曲目「Shock」、2曲目「Edgecrusher」、3曲目「Smasher/Devourer」でガツンと畳みかけてくる。ディーノのギターリフとレイモンドの正確無比なベースドラムがシンクロする。

 ドラマーのレイモンド・ヘレーラは一時期何度も雑誌のベスト・ドラマーにランクインしていたように思う。

 4曲目「Securitron(Police State 2000)」、5曲目「Descent」も同じ流れで畳みかけるリフだが、加えて、近未来SFを思わせる浮遊感漂うコーラスメロディがある。私は特にこの2曲が大好きだ。

 ジャケットがまた秀逸。デイヴ・マッキーンという人物の手によるもので、彼はドリーム・シアターのメトロポリス・パート2のアートワークなども手掛けている。

 

 バンドは2020年の現在でもディーノを中心に活動中。メンバーはこれまで集合離散を繰り返しており、ドラムにはあのジーン・ホグランも加入していた時期がある。ディーノやレイモンドはメキシコの覆面プロジェクト、Brujeriaで活動していたこともある。

 

  Obsoleteの日本版CDの帯には次のように書いてある。

‟ーついに時代が彼らに追いついたー

エクストリーム・ロックと激走するデジタルな律動が解き放つ、近未来型アジテーション

 

 インダストリアルメタルをただのうるさい馬鹿げた音楽だと思ってはいけない。極めて芸術性の高い作品もあるのだ。若い頃ビートルズの先鋭的な音楽を聴いて衝撃を受け、50代、60代になってもマニアで居続ける人がいるが、インダストリアルメタルも同じだ。おそらく50代、60代になっても愛聴するだろう。そう思っています。

 私も40代半ばになりましたが、変に老成することなく、このときのFear Factoryのように粗削りで暗く尖ったオッサンでありたいと思います。 

 

オブソリート

オブソリート

 

 

Obsolete

Obsolete

  • アーティスト:Fear Factory
  • 発売日: 1998/06/09
  • メディア: CD