仕事したくない事務職のオッサンのビジネスブログ

40代中年の危機 休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット

【映画レビュー13】メンタル不安定おじさんU-NEXTで憂さ晴らし

こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

2019年10月から2020年3月まで過労とパワハラで休職しました。

 

半年間休職したときに映画を観まくりたいと思い、U-NEXTに加入しました。

復職してからも、月に3~4本洋画を中心に観ています。

 

そんな僕が、観た映画をとりあえず観た順に10本感想を書く第13回目。

今回観たのは次の10本です。

 

ハンニバル・ライジング(2007年作品)監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエルコン・リーリス・エヴァンスドミニク・ウェスト

ハンニバル・シーズン1(ドラマシリーズ)(2013年作品)監督:デヴィッド・スレイドギレルモ・ナヴァロ、マイケル・ライマー他 出演:ヒュー・ダンシーマッツ・ミケルセンローレンス・フィッシュバーン、カロリン・ダヴァーナス、ジリアン・アンダーソン

デンジャラス・ラン(2012年作品)監督:ダニエル・エスピノーザ 出演:デンゼル・ワシントンライアン・レイノルズヴェラ・ファーミガブレンダン・グリーソンロバート・パトリック

▶ハイリスク(1995年作品)監督:バリー・ウォン 出演:リー・リンチェイジェット・リー)、ジャッキー・チュン、チンミー・ヤウ、チャーリー・ヤン

ザ・ワン(2001年作品)監督:ジェームズ・ウォン 出演:ジェット・リーカーラ・グギノデルロイ・リンドージェイソン・ステイサム

▶ブラック・ダイヤモンド(2003年作品)監督:アンジェイ・バートコウィアク 出演:ジェット・リーDMX、マーク・ダカスコス、アンソニー・アンダーソン

ダニー・ザ・ドッグ(2005年作品)監督:ルイ・レテリエ 出演:ジェット・リーモーガン・フリーマン、ケリー・コンドン、ボブ・ホスキンス

▶ローグアサシン(2007年作品)監督:フィリップ・G・ラトウェル 出演:ジェット・リージェイソン・ステイサムジョン・ローン石橋凌デヴォン青木

レヴェナント:蘇えりし者(2015年作品)監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオトム・ハーディ、ドーナル・グリーソン

▶バードマン(2014年作品)監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:マイケル・キートンエドワード・ノートンエマ・ストーンナオミ・ワッツアンドレア・ライズボロー

 

(U-NEXTに加入して127本目)

 

前回から、トマス・ハリス原作の「ハンニバル・レクター」シリーズを観ています。

シリーズ4作目で、ハンニバル・レクターの誕生(ライジング)を描いた「ハンニバル・ライジング」です。

僕は前3作品はずっと昔に観ていたんですが、この作品は初見です。

監督のピーター・ウェーバーも、知らない人です。

冒頭の美しいオープニング、第二次大戦時でのハンニバル幼少期のエピソードの場面ですが、これまでの3作品と随分テイストが違ったので、結構な違和感を覚えました。

しかし、ハンニバルが成人してからのストーリーや映像は実に良かったですね。

日本の戦国時代の鎧や刀などの小道具や、戦国時代の晒し首を題材に用いたのは素晴らしいアイデアですよ。作品に深みを与えました。

特にシリーズものの作品は、それぞれに独立した作品として楽しめるように、際立ったモチーフというかギミックが必要不可欠だと思うんですよね。

日本刀を使った殺しが最高にクールですし、ほか数々の殺しがストレートかつインパクト大で、「ライジング」に相応しい描写。

視聴後の余韻が良く、もう1回観たいと思いました。

繰り返し観たいと思うということは、いい映画だということですよ。

何といっても主演のギャスパー・ウリエルが素晴らしくて、彼の狂気の演技に釘付けになりました。

そんな彼ですが、えっ、2022年にスキー事故で亡くなっていた・・・。

それをいま記事を書いてて知って言葉を失っています。

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)-映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで-│31日間無料トライアル

 

ハンニバル・ライジング」を観たあと、「ハンニバル」のテレビドラマがあることを発見。

早速「ハンニバル・シーズン1」を鑑賞。

ドラマシリーズは、1シーズン13話で全39話の構成となっています。

時系列としては、「ハンニバル・ライジング」と「レッド・ドラゴン」のあいだを繋ぐ作品となっています。

ひとまず第1話から第13話まで観ましたが、とにかく濃い内容。

映画のレクターシリーズだけでは物足りないファンも大満足のドラマではないでしょうか。

各話ともこれでもかという猟奇殺人の連続でお腹いっぱいですが、実はそれは物語のほんのアクセントに過ぎません。

ストーリーが進むにつれて明らかになる、ウィル・グレアムとハンニバル・レクターの歪んだ友情と凍り付くようにおぞましい心理戦の駆け引き。

よくもまあこんな常軌を逸したシナリオを考えついたものです。

グレアムを演じるヒュー・ダンシーと、レクターを演じるマッツ・ミケルセンが秀逸で、映画「レッド・ドラゴン」でのアンソニー・ホプキンスエドワード・ノートンが霞んで見えるほど。

一方で、ジャック・クロフォード役にローレンス・フィッシュバーンというのは、個人的にちょっとどうかな?という・・。

 

デンゼル・ワシントン&ライアン・レイノルズがスリリングな逃走劇を演じる「デンジャラス・ラン」。原題は「Safe House」というんですけどね。

監督は「ライフ」のダニエル・エスピノーザ。

CIAエージェントもので、ストーリーは極めてシンプル。

この手のものは結構見ているのですが、ほとんど最後はCIAの大規模な汚職が絡んでくる(笑)。それでも、デンゼル・ワシントンが深みのあるキャラクターを演じていて見応えあり。

「リミット」のライアン・レイノルズはシリアスでタフな演技に徹していますね。

他には「エスター」や「死霊館」で有名なヴェラ・ファーミガがCIA幹部役で、「ターミネーター2」のロバート・パトリックがチョイ役で出てます。

ロバート・パトリックって判りませんでした。懐かしいですね!

 

リー・リンチェイジェット・リー)主演の香港映画「ハイリスク」。

シリアスかつドタバタの娯楽性満載の「香港版ダイ・ハード」。

とにかくアクションが過激かつハイスピード。

ハリウッド映画がかったるく見えます。

そして、台湾出身のチャーリー・ヤンや香港出身のチンミー・ヤウといった女優さんが出ているんですが、このチンミーが実にキュートでセクシー。ほんのりお色気シーンが随所にあり、実に良いです。

ラストシーンでリー・リンチェイに向かって「私のベッドは心地いいわよ」というセリフがあって、ムラムラしました(笑)。

 

同じくジェット・リー主演の「ザ・ワン」。

パラレルワールドワームホールで飛び回って、自分自身を殺害するごとにパワーを増していき、全知全能の神になろうとする「ユーロウ」と、それを阻止しようとする「ゲイブ」。

特殊撮影によって、ジェット・リー同士の死闘を堪能することができます。

ラストもなかなか良いですよね。

共演にデルロイ・リンドージェイソン・ステイサム

ジェイソンはこの翌年に「トランスポーター」で主演してますから、アクション俳優としての足掛かりとなったのがこの「ザ・ワン」だといえます。

ジェット・リーの超絶アクションにはこのくらい濃い男じゃないと共演は務まりませんね(笑)。

 

アンジェイ・バートコウィアク監督の「ブラック・ダイヤモンド」です。

レオナルド・ディカプリオの「ブラッド・ダイヤモンド」ではありません(笑)。

ロミオ・マスト・ダイ」、スティーブン・セガール主演の「DENGEKI 電撃」と合わせて、ヒップホップ×カンフー三部作といわれています。

軽快なヒップホップと、ジェット・リーの豪快カンフーアクションを組み合わせるアイデアがグッド。

DMXと彼のチームの働きがクローズアップされてて、良いと思います。

一方で、ジェット・リーのアクションが控えめで役柄の存在感も薄かったですね。

賭け格闘技場でのアクションが唯一の見せ場だったような・・。

敵役には、あの「ジョン・ウィック:パラベラム」でキアヌ・リーヴスと壮絶な死闘を演じていたマーク・ダカスコスですね!

 

キス・オブ・ザ・ドラゴン」以来、ジェット・リーリュック・ベッソンらのフランスチームと再び組んだ「ダニー・ザ・ドッグ」です。

昔観て今回また見直したんですが、ストーリーも脚本も演出も本当に素晴らしい作品だと思います。

他の作品同様、ジェット・リーが思いっきりジェット・リーを演じているんですが、これを好作に引き上げたのは、この製作陣と共演陣があればこそ。

モーガン・フリーマンはたくさんの映画に出ていますが、これほどハマっていた役は無かったのでは?

ジェット・リーのボス役を演じていたボブ・ホスキンスも実に良かった。

彼はジュード・ロウ主演の「スターリングラード」に、フルシチョフ役で出てましたね!

そして、ユエン・ウーピンの演出&マッシヴ・アタックのBGMによるカンフーアクションシーンが、過去最高なほどカッコイイ!何回観ても手に汗握る!

 

ジェット・リー作品、とりあえず最後は「ローグアサシン」。

観終わった後の感想は、「え???」

オチがまったく分かりませんでした(苦笑)。

監督以下のスタッフが、撮影のピエール・モレル以外はほとんど無名なのではないかな。

ストーリーがいまいち分からなかったので、背景の感想だけ。

ジェット・リージェイソン・ステイサムというどっちが主演か分からない構成はやめて欲しかったなあ。

実はジェイソン・ステイサムの親友役で序盤に殺害されたトムが主役だったのではないかという・・。

結局、ジェット・リーのハリウッド作品では「ロミオ・マスト・ダイ」「キス・オブ・ザ・ドラゴン」「ダニー・ザ・ドッグ」がアクション全開で好きだったかな。

ジェット・リー石橋凌の日本刀による殺陣(たて)のシーンは迫力があったし、ジェイソンがヤクザのアジトに乗り込んで入り乱れての抗争シーンもスリリングでした。

ケイン・コスギもナイス。

否定的な感想が多いヤクザや日本文化の描写については、僕はイイと思います。

あれが欧米人から見た、日本のクールなイメージなんですよ。

もっとあのイメージを押し出した街づくりをやれば、外国人観光客は喜ぶのではないかな。

デヴォン青木ってスーパーモデルらしいですね。

彼女がクールビューティーな日本人女性のイメージというのは、ちょっと違和感がありますが(笑)。

 

レオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞を初受賞した「レヴェナント:蘇えりし者」。

気が遠くなるような過酷な大自然と壮絶な復讐劇。

ちょっと体験したことない映像ですね。

ディカプリオが演じたヒュー・グラスがハイイログマに襲われて瀕死の重傷を負うというのは実話らしいんですが、そのシーンがもう絶句するほどの凄まじさ。

音楽を担当したのは、故・坂本龍一

 

同じくアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の「バードマン」。

監督は本作と「レヴェナント」で、2年連続アカデミー賞獲得の快挙を成し遂げました。

個人的には、ちょっと良さが分からなかったですね・・。

センスがいいのは分かるけども。

マイケル・キートン主演、ティム・バートン監督の「バットマン」を観てから、本作を観たほうがいいと思いました。

エドワード・ノートンも個人的には顔が優しくて何かピンと来ない。

ファイト・クラブ」は何回か観ないと意味わかんないし、そう言えば「レッド・ドラゴン」のウィル・グレアム役もパッとしなかったと思います。

アンドレア・ライズボローという女優さんは、妖しい魅力があって良かったですよ。ナオミ・ワッツも好きです。

作品中の印象的なドラムサウンドは、メキシコ系アメリカ人、アントニオ・サンチェスによるもの。パット・メセニーとかと仕事しているみたいですね。

 

今回のベストは、「ハンニバル・ライジング」と「ダニー・ザ・ドッグ」ですね。

1本に絞れませんでした。

 

www.youtube.com

 

ハンニバル」のドラマシリーズはまた別物ですので。

ハンニバル・ライジング」は何といっても、故ギャスパー・ウリエルが超絶にクールです。

ダニー・ザ・ドッグ」は、とにかくアクションの演出が素晴らしい。

アクション映画は、言うまでもなくアクションのカッコ良さが8割、そこのアクションシーンへ雪崩れ込ませるストーリーと演出が残り2割ですね!

 

復職して4年になりました。

最近時間があれば映画を観てます。

やっと仕事と遊びの切り替えがこなれてきて気軽に映画を観れるようになったんです。

映画からつまらない日常を生き抜く力をもらっています。

 

仕事も大事ですが過労とパワハラで休職を経験してからは、もう仕事に全力で取り組まないことに決めました。

好きなことや家族との時間を優先させたいと思います。

これからも映画たくさん観たいですね。

 

本日の記事は以上です。

 

-PR-