40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット そんなことを書いているブログ

一律10万円再給付はあるのか。麻生財務相、国民の猛反発受ける

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 麻生太郎副総理兼財務大臣の一律10万円再給付に関する発言が炎上しました。

 

 

 麻生太郎財務相が19日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として、国民一律に給付金を支給することに否定的な考えを示したことに言及した。

 麻生氏は「前回と同じように一律10万円というのはやるつもりはない」と述べた。政府は緊急事態宣言を出した昨年4月、全国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」の支給を決めたが、麻生氏は会見で「個別にそういったことをやっている」とも述べ、11都府県に宣言を再発令した今回は、飲食店向けの上限6万円の協力金やその取引先への一時金などで対応しているとの認識を示した。

 ひろゆき氏は「飲食店以外にスポーツジムだったり、パチンコ屋さんであるとか、あと花屋さんとか、食べものだったりとか、飲食店以外でも結構困っている業種っていっぱいある」と指摘。その上で「なので飲食店は対応するからいいじゃないか、後は別に誰にもカネをやる必要はないっていうのはどうかと思う」と言い、「政府のお金って基本的に国民のお金を預かって、国民に戻すので、さっさと配っちゃえばいいと思う」と私見

 さらに「別に麻生さんのお金じゃないんだから、配っておいて、自民党いいよねってなって、次の秋の選挙の時に自民党に投票してもらった方がいいと思うんで、なぜ渋ってるのか不思議なんですよね」と自身の考えを述べた。(スポニチアネックス)

 

 僕はひろゆきさんのコメントに賛成です。 さっさと配っちゃえばいい。

 

 昨年4月以降に給付された特別定額給付金について、麻生さんは講演で、

「その分だけ(個人の)貯金が増えた」

「(個人の)現金がなくなって大変だというのでこの夏、1人10万(円給付)というのがコロナ対策の一環としてなされた」

「当然、貯金が減るのかと思ったらとんでもない。その分だけ貯金が増えました」

「カネに困っている方の数は少ない。ゼロじゃありませんよ。困っておられる方もいらっしゃいますから。しかし、預金・貯金は増えた」

 などと発言していました。

 

 このとき国民は麻生さんに猛反発。

    そして、今回の「一律10万円やるつもりない」発言にも当然国民は猛反発しました。

 以前僕は、財務大臣として発言しただけで麻生さんを批判するのはどうか、マスコミの報道姿勢に問題がある、などと書きました。

 麻生さんは国の財布を締める責任がある。

 しかし皆さんが指摘するように、副総理でもあるんですよね。

 本当に危機に瀕している国民、業界を見ているのだろうかと思いますね。

 

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 繰り返しますが、僕はひろゆきさんのコメントに賛成で、またもちろん10万円給付してもらいたい派です。

 毎月10万円の給付だと単年度の当初予算100兆円を大きく超える150兆円が必要になる。定期的に給付するなら際限なく財政赤字が拡大し、とても持続は不可能です。

 しかし、コロナの第1波、第2波より遥かに規模が大きく深刻な事態なので、配らない理由がない。

 単発なら、そんなに国の財政が悪化することはないと思いますよね。

    菅総理周辺では「一律再給付は無い」ということらしい。

    財源を工面するのが困難なのかもしれない。

    無いなら無い理由を納得がいくように説明してほしいですね。

 

    f:id:trrymtorrson:20201025184747j:plain

 

 マスコミがまた麻生さんの発言を取り上げたので、その炎上狙いの報道姿勢がどうかというところですが、政府から他に再給付に関する公式な情報が出ないからやむを得ないんでしょうね。