40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

無添くら寿司店長が店舗の駐車場で焼身自殺か。限りなく殺人に近い加害者の実名報道すべきだ

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 また痛ましい事件が起きました。

 

 あの無添くら寿司です。

 店長が自身の車を店舗の駐車場に停め、車内に火を放ち、自ら命を絶ったと思われます。

 週刊文春の取材で明らかになりました。

 

bunshun.jp

 

 店長の中村さんは「今年3月に着任した上司のスーパーバイザー(SV)・X氏から日常的にパワハラを受けていた」と複数の従業員、元従業員が証言しているようです。

 

 「本当に優しい人でバイトの子にも怒らない。面倒見が良く、従業員に好かれていた」(現役の従業員)という中村さん。

 

 記事によればくら寿司側は否定しているようですが、日常的なパワハラがあったようですね。

 

 パワハラの加害者はスーパーバイザーのXという人物。

 従業員によると「Xは店長と同期ですが、上司です。アルバイトや部下など自分より立場が下の人には威圧的な物言いをするタイプ」。

 別の元従業員によると、X氏は着任直後から頻繁に中村さんに激高。「大きな怒声が厨房からフロアにまで響き、客からクレームが入ったこともある」といいます。

 

 これはパワハラが原因の自殺で確定でしょう。

 

 

 くら寿司側の態度がいただけない。

 くら寿司側は『文春』の取材に対し、パワハラ行為の事実はないと否定しているようです。

 事故については、ご遺族ともお話をさせていただいており、当社における業務に関連しない中村店長の個人的な事情によるものであることが推定されておりますが、プライベートに関わる問題であるため、当社としては回答を差し控えさせていただきます

 

 まだ会社側として事実関係を調査中であるはずなのに「店長の個人的な事情によるものと推定」するのは良くない。

 

 またこの事件のあとに公式SNSで「あぶりチーズポークカレー」という変わりダネ寿司を紹介するツイートを投稿。

 炎の絵文字とともに「厳選された豚肉に甘口カレーと4種のチーズソースをかけて香ばしく炙りました」と綴られていたようです。

 これがあまりにも無神経と批判を浴びています。

 

 あまりに痛ましい事件です。

 

 僕的には限りなく殺人に近いので、加害者Xの実名報道すべきだと思いますね。

 警察の規制があるかもですが。

 

 もう一つは無添くら寿司をボイコットしましょうということです。

 もともと僕はスシロー派で、くら寿司には行ったことないですが。

 

 本日の記事は以上です。