40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

大量のビデオテープをどうするか?(PCデータ化)

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 40代半ばの僕が、仕事や家庭に忙殺されて失われた20年の自分の時間を取り戻したいと模索しています。

 

 最近、とある理由で休職に追い込まれたのを機に、もう頑張るのは止めよう、ちょっと立ち止まって好きなことをしようと思い立った次第です。

 オーディオ&ビジュアルやクラシック、ジャズ、ヘヴィミュージック、洋画、ゲーム、読書、戦史研究・・・など、身の回りの興味があることを整理したい。20代、30代でハマっていたことにもう一度没頭したい。  

 

 というわけで僕は独身時代から録り溜めたビデオテープを捨てられず、長らくお蔵入りとなっていました。今日数えたら75本ありました。 

 

f:id:trrymtorrson:20191222152936j:plain

嵩張るビデオテープだが、捨てられない・・・。

f:id:trrymtorrson:20191222153101j:plain

ビデオテープ保管状況(その2)

 

 テレビ番組をエアチェックしたものが半分、レンタルビデオ屋さんから借りてダビングした(どうやってダビングしたか忘れた)怪しい動画が半分くらいといったところか。

 ここ20年で激変したことといえば、昔は5キロ以内にレンタルビデオ・CD屋さんが2~3店舗ありましたが、気付いたらほとんど絶滅してしまいましたね。 

 

 さて、これらのビデオテープ(レガシーメディア?)を新しいフォーマットでデジタル化してストックしていきたい。そこで、以下の2つの方法を採りました。 

 

1.ビデオデッキをアイオーデータのUSBビデオキャプチャーでPCにつないでmpegデータ化する。

2.ビデオデッキをHDDレコーダーにつないでダビング(DVD化)する。 

 

USBビデオキャプチャーで古いビデオテープをmpegデータ化する

 

 作業手順としては、

①GV-USB2をPCのUSB端子につなぐ。これだけで自動でPC設定が実行される。

②GV-USB2の映像コード、音声コードをビデオデッキの出力側につなぐ。

③ビデオテープを再生して、PC画面上でキャプチャボタンを押すだけ。

 録画フォーマットはMPEG-2、リニアPCM、48kHzのみに固定なので、面倒な録画設定も不要。

 

f:id:trrymtorrson:20191222161703j:plain

ビクターのS-VHSビデオカセットレコーダーHR-V200(2000年購入)

 

f:id:trrymtorrson:20191222161944j:plain

アイオーデータUSBビデオキャプチャーGV-USB2

 

f:id:trrymtorrson:20191222171542j:plain

①GV-USB2をPCのUSB端子につなぐ。

 

f:id:trrymtorrson:20191222171147j:plain

②映像コード(S端子)、音声コードをGV-USB2につなぐ。これだけ。

 

f:id:trrymtorrson:20191222171731j:plain

作業全景

 

f:id:trrymtorrson:20191222173957j:plain

データが出来る。

 

 この方法(1番の方法)だとデータ化は簡単で、画質の劣化もほとんど無い(元テープの画質が元々良くないからではあるが)。

 しかし問題なのは、2時間程度の番組で約8GBとなり、あっという間にPCの空き容量が無くなってしまう。

 また、カット編集をしたいと思っても、HDDレコーダーの編集機能と較べて、PCの編集機能は著しく低いんですね。 

 

 今後ビデオテープ資産を画質の劣化がなく且つ容量の少ないフォーマットでストックしていってビデオテープの処分を粛々と進めていきたいのですが、1番の方法(ビデオデッキをアイオーデータのUSBビデオキャプチャーでPCにつないでmpegデータ化)では編集に難がある。

 

 かといって2番の方法(ビデオデッキをHDDレコーダーにつないでダビング)も、別の問題があり難航しています。

 DVDに焼く手間が物凄くかかるうえに、円盤のままだと映像資産としての汎用性が低い。

 

 愛用しているDVD-RAMに移して蓄積していきたいところですが、この方法も、RAMメディアそのものの問題や、PCとの連携システムが不安定で何とも扱いづらいですね。

 

 本日の記事は以上です。

 

 ☟【USBビデオキャプチャーGV-USB2】(アイオーデータ