40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

頭の中で考えることは他人には見えない。仕事時間に自分時間を拡張していく

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 仕事で潰れて半年間休職していましたが、本業のサラリーマンに復職して8か月が経過しました。

 休職する前は自宅に帰っても仕事のことが頭から離れない。夕食前に資料の整理。夕食中も資料片手。寝る前にも翌日の仕事の段取りを整理する日が続きました。

 

 休職してからの半年間は、仕事を忘れて自分と家族の時間を過ごしました。 

 

 復職して週5日フルタイム勤務。

■ 6:00起床→8:00出勤→18:00帰宅(残業なし)→19:00夕食→20:00風呂→21:00子ども就寝→24:00就寝

 

 このタイムスケジュールのなかで、毎日のToDoリストをこなしていきたい。

 ポイントサイト巡回30分、メールチェック100通30分、写真AC(Photo AC)投稿30分、ブログ記事作成60分、MOS試験対策30分、5,000歩歩く30分、読書60分、という具合です。

 全部で4時間半になります。これを帰宅後に全部詰め込むと結構ギチギチ。子どもの世話もある。

 定時に帰るというのが必須です。

 

 職場復帰する前は、自分の時間を確保するのがとてつもなく高いハードルに思えました。

 また仕事に忙殺される人生に戻るのか?

 組織に所属していない不安、元の通り復職して仕事ができるのか、8時間以上も職場に居て耐えられるのか、復職して朝起きて出勤できるのか、上司と顔を合わせられるのか、同僚からどう思われるのか、仕事でまた失敗しないか、今まで通り子どもの世話が出来るのか・・・。こういった不安もありました。

 

 元日本マイクロソフト社長、成毛眞さんの著書に『40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい』というのがあります。 

      

 

 

 繁忙期だったり余程仕事が好きでもない限り、40歳を過ぎたら定時に帰るというのは有りだと思います。

 

 復職する前はToDoリストをこなしていけるか不安でしたが、無理のないToDoリストに圧縮することで、習慣化できるようになりました。

 ポイントサイト巡回30分、メールチェック30分、ブログ記事作成60分、5,000歩歩く30分、読書30分などです。

 写真AC(Photo AC)投稿は、2週間に1回程度になりました。

 メールチェックは、5年間分溜まっていた6万8千件を整理完了しました。

 日記ブログであれば、毎日継続することは可能です。

 

 もう一つ、フルタイム勤務でも自分の時間を確保する方法があります。

 仕事時間に、自分時間を拡張していくことです。

 勤務時間を利用して5,000歩歩くノルマを実行する。

 頭の中で考えることは同僚には見えないことを利用して、日記ブログの記事を考える。

 他に仕事の合間にできることはないか考える。

 以前のように仕事を家に持ち帰って自分時間を犠牲にするなど、今では考えられません。

 定時に帰るということを突き詰めていくと、仕事と遊びの境目を無くしていくことにつながります。

 

 ☟『40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい』成毛眞PHPビジネス新書)