40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

昨年パワハラ上司に潰された糞仕事が終わりリベンジ果たした。早急にWLBのリバランスを実行する

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 復職して半年が経ちました。

 僕は新型コロナウイルスが流行する半年前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。

 身の回りの棚卸し作業をしています。3月中旬から復職しましたが今も棚卸しを継続しています。  

 休職に至る前の半年間は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には「毎日残業+土日出勤+パワハラ上司」の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって休職しました。

 詳しくは『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本を出していますので、似たような境遇の方は読んでみてください。

 

 繰り返しになりますが、復職して半年になります。

 仕事に慣れてきましたが同時に我が職場の繁忙期を迎えてしんどいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休職して半年間、そのあとの復職してからの半年間、社会の中核40代とは何なのか?仕事のやりがいとは何なのか?どうやって適正なワークライフバランスを実現するのか?中年になっても仕事を順調にこなしながら好きなことにも熱中することができるのか?こういったことを日々考えてきました。

 

 職場復帰して常に考えるキーワードは「ワークライフバランス」です。

 『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! 』のなかで著者の池田千恵さんは、朝の時間を十分に確保し自分に投資する時間と位置付けています。

    

 

 本書の4章でまさに「ワークライフバランス」が取り上げられています。

 池田さんにとってワークライフバランスとは、仕事の自分とプライベートの自分を同じ土俵に上げることだと表現しています。

 「ワーク・ライフ・バランス」の本当の意味は、「仕事と遊びを、どちらも同じ土俵に上げて、同じ視線で考える。それでこそ、仕事にも遊びにも創造力が発揮でき、人生が楽しくなる」ということです。

 

 仕事と遊びを同じ土俵に上げるとはどういうことか?

 自分にしっかり投資する時間を設けることで仕事も趣味もコントロールする。自分の人生を自分でコントロールすることは、‟人生という車”の助手席に座るのではなく、自分で自由に運転し、いつでもどこでも、好きなところに行く感覚をつかむことだといいます。

 池田さんは同級生や同僚、自らの経験から、頭がいい人は、勉強するときの集中力と遊んでいるときの集中力が同じ。何かひとつのことに秀でた人は、仕事も趣味も手を抜かないといいます。

 

 ワークライフバランスの本当の意味を考えたとき、「集中力」が大切だということですね。

 また、仕事にも趣味にも全力で取り組むには、自分の能力を上げて「自信」と「発言力」をつけることが大切だともいっています。

 

 同じく本書ではワタミの渡邉社長の言葉が登場します。

 ここ半年くらい考えているのは、このワタミの渡邉社長の言葉「仕事、家庭、教養、財産、趣味、健康」が「人生の6本の柱」

 どの柱が欠けても家が傾く。この「6本柱」の戦略をじっくり練ろうということです。

 

 昨年パワハラ上司に潰された夏場の繁忙期のメインイベントが終わり、リベンジを果たしました。

 早急にワークライフバランスの再構築、「リバランス」を実行します。

 仕事には突っ込まないというスタンスは維持します。

 

☟『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! 』池田千恵(PHP文庫)

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! (PHP文庫)