40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

【職場復帰10】組織のなかで働くということと仕事を休む罪悪感。病気休暇5ヶ月超からの職場復帰

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 復職して2か月半が経ちました。長期の休職、病気休暇中の方の参考にと思い、復職後のレポートを書き残しておきます。

 僕は新型コロナウイルスが流行する半年前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。

 身の回りの棚卸し作業をしています。3月中旬から復職しましたが、今も棚卸しを継続しています。  

 休職に至る前の半年間は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には、上司との関係でひどく疲れた、仕事のやる気が起きない、出勤したくない、という状態になったのです。 

 詳しくは『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本を出版しております。似たような境遇の方は読んでみてください。

 

 休職しているあいだも精神的にしんどい時期がありました。「働かなきゃいけないけど働きたくない」「働きたくないけど働かなきゃいけない」という記事をその頃に書きました。

 組織の人間関係のなかで働くということ。

 元の通り復職して仕事ができるのか、8時間以上も職場に居て耐えられるのか、復職して朝起きて出勤できるのか、上司と顔を合わせられるのか、同僚からどう思われるのか、仕事でまた失敗しないか、今まで通り子どもの世話が出来るのか・・・。こういったことを長期間悶々と考えていたのです。

 復職してから2か月半になりますが、自分で考えながら仕事を回していくこと、上司から指示されること、同僚や部下に配慮しながら、仕事を依頼すること。これを何とかこなしています。

 40代オッサンとして当たり前の仕事をしているわけですが、心身に掛かる負荷が重い・・・。仕事に突っ込みすぎずにほどほどにこなしていこう。こうすると、事前の資料や知識の整理が疎かになります。「仕事に追われる状態」。仕事が受け身になると、上司からの急な指示に振り回されて、どっと疲れが来ます。 

     

 

 『ズルい仕事術』の著者の勝間和代さんが書いているように、来る仕事、来る仕事そのものの負荷を軽くするには、事前の準備、自分のなかで「課題の設定」「仮説の構築」「検証のための情報収集」を繰り返し訓練しておくことが必要です。そうしていけば、上司に急な仕事を振られても、軽い力で対応できます。

 勝間さんの言葉で言い換えればこうです。

ズルい仕事術とは、より普遍的な大きなところで努力を重ねて、具体的なアウトプットの瞬間に対する直接的な努力はなるべく小さくすませようとすること

 分かります。勝間さんの言いたいことは分かります。つまり、よく言う「仕事に追われるな、仕事を追え」と。

 しかしメンタル不調者はキツイ。いったんこれは置いておきましょう。

 

 話しを戻します。現状が「仕事に追われている状態」なので、どっと疲れます。週5日のフルタイム勤務が辛い。

 週の真ん中で1日休みたい・・・。実際に今日休んでしまって、こうやって記事書いています。

 仕事に突っ込まないが、先に書いたように仕事の負荷を軽くするために「課題の設定」「仮説の構築」「検証のための情報収集」を繰り返し訓練しておくことは必要なので、どのくらいの配分でバランスをとるか?これが一つの問題。

 もう一つは、仕事休むと罪悪感が湧いてくる問題。

 自分の仕事を自分のペースで回していく状態、これが一番ラクなパターンですが、組織で仕事をしている以上、自分だけで完結させるわけにはいかない。

 いま担当している分野の業務では、特に上司との連携、周りとの正確なチームワークが欠かせない。

 自分と上司が同じ方向を向いて、似たようなペースで、十分に意見交換を図りながらやれていれば苦労はない。

 しかし、自分の仕事の進め方が上司の期待を下回っているとしたら、お互いの仕事に齟齬が生じる。上司に不満が溜まる。

 仕事を溜め込んでいるわけではないが、今日、仕事を休む連絡を入れるのに罪悪感があった。この罪悪感は何だろう。上司から悪く思われるのではないか・・・。

 多分自分の思い込みだ。自分の仕事が少しずつ回ってきたので、その歯車を止めることに対する手前勝手な罪悪感ではないか。

 1日休むくらいで気にし過ぎだ。休んだら明日からはもう少し頑張っていこう。 

 

 ☟『ズルい仕事術』勝間和代ディスカヴァー・トゥエンティワン)  

ズルい仕事術

ズルい仕事術

  • 作者:勝間 和代
  • 発売日: 2011/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

trrymtorrson.hatenablog.com