40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

40代でいったん過去の経験や知識を棚卸しするということ。『40代から人として強くなる法』田口佳史 著

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 仕事人間だった僕は仕事に押しつぶされ、心療内科を受診し休職。

 5ヶ月半の休職期間を経て、時短勤務を半月、本格復帰して1ヶ月が経過しました。

 40代半ばになると気温の変化ですぐ疲れます。気温が上昇したのと、職場復帰の緊張でどっと疲れが出ています。

 

 さて以前、老荘思想研究者、田口佳史さんの著書『40代から人として強くなる法』を紹介しました。

     

 

 本書のまえがきで、‟社会人になって20年以上も経ち、職場にも仕事にも慣れてきた。重要な仕事を任される場面も増えた。社内の事情にも明るい。業界にも顔が売れてきた・・。そういったことから、いっぱしの人間になったような錯覚に陥ってしまうのでしょう。それがたるみとなって、仕事に取り組む姿勢に真剣さ、慎重さが欠けるきらいがあるのです。”と。

 40代は自信過剰になるから油断するなと著者はいいます。

 

 僕はこれまで好きなように平凡に困窮することなく生きてきたと思っていますが、同時に、20~30代のうちは訳が分からないまま、それなりに仕事や家業や家庭に忙殺されてもきました。

 しかし、40代で少し仕事にやりがいが出てきた矢先に休職に至ったので、田口さんがいうような順風満帆、自信過剰なオッサンではないと思っています。

 

 本書の中で、次のような章があります。

「守り」に入らない。攻めない40代に魅力はない

 40代で守りに入ろうとしている人は、20代、30代の頃を思い出してください。やったことのない仕事ばかりではありませんでしたか?そういった新しい仕事に挑戦するたびに、いままでの自分にはない能力が開発されたり、大きな達成感が得られたりしたはずです。

 だから、40代のみなさんはすでに「新しい自分と出会うことの喜び」を知っています。そのときの気持ちの高揚を思い起こしていただきたい。

 40代はまだまだ「攻めの季節」なのです。

 「これからの信頼は未来の仕事がつくる」と、思いを定めてください。

 40代こそが勝負のとき。これまで培ってきた経験や知識を整理、過去の棚卸しをし、自分の強みを明確にして「人生の本格路線」を再構築するといいでしょう。

 そうすれば、必ずや目の前の「壁」を打ち破ることができます。

 

 著者の言いたいことは分かりますが、先に書いたように自信過剰になったことはないし、いままで「大きな達成感を得た!」という実感を持ったことがあったでしょうか。

 自信は全く無く、職場では若手から「心を病んで、ちょっと頼りないオッサンだな」と思われているのではないかと気をもんでいます。

 

 さて、それはさておき、僕はこれまで数回書いていますが、40代で休職し、立ち止まって一度人生を振り返って再構築する試みを行う。仕事にはもう突っ込まずに、知的生産活動を行うと志して、こうやって記事を書いているわけですが、ここで田口さんが書いていることを今一度よく考えたい。

 本やブログを執筆することをはじめとする「知的生産活動」とは、人との違い、人と違う成功や失敗、そうした「差分」を活かすことで初めて可能となることではないか。

 最近読んだ『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』の著者、ゆうこすさんは、HKT48から2012年に脱退した直後、デマ情報で炎上。ツイッターのフォロワー数が2万人まで伸びたが、イベントを開催したら3人しか集まらず、結局ニート生活。

 『開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学』の著者で、90年代の全日本プロレス黄金期を築いた川田利明さんは、「ベンツ3台をスープに溶かした」というほどラーメン店経営の厳しさを味わった。

 今読んでいる本では、『肩書き捨てたら地獄だった』の著者、宇佐美典也さんも、経済産業省のキャリア官僚を辞めて独立を志したが、口座の残金が2万円になり、風呂場でうめき声をあげて泣くのが日課になるほど追い詰められた。

 

 こういった経験が、結果的に書籍化できて彼らの成功につながった。仕事に挫折して休職したことなど取るに足らない失敗かもしれないが、いずれにせよ、田口さんがいうようにただ漠然と忙殺されているだけでは、何も収穫に繋がらない。その都度立ち止まって、経験や知識の整理、棚卸しを行う。そうすることで、僕の場合はあえて休職してでも人と違う「差分」を作ったことで強みとなった。

 

 本を何回も読み直す。それでまた発見があります。

 何事も始めるのに遅すぎるということはない、自分の経験と知識をどうやって武器にするか、立ち止まって考えることが必要ですね。

 

☟『40代から人として強くなる法』田口佳史(三笠書房) 

40代から人として強くなる法 (単行本)

40代から人として強くなる法 (単行本)

  • 作者:田口 佳史
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)