40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

「筆者を休職に追い込んだ元上司を絶対に許せない」というネガティブな感情を克服できるか?

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 5か月以上休職したのち、先月復職しました。

 休職に至る前の半年間は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には上司との関係でひどく疲れた、仕事のやる気が起きない、出勤したくないという状態になったのです。 

 詳しくは『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本を出版しております。似たような境遇の方はぜひお読みください。

 

 僕は元の職場に復帰し、元上司は出先機関に飛ばされました。復職後は今のところ順調に仕事できています。 

 休職したきっかけは先に書いた通り糞みたいな上司のせいです。

 江戸時代のような過剰な滅私奉公主義、精神まで侵食してくるような束縛感、しかも感情不安定で瞬間湯沸かし器。この上司、僕だけでなくこれまで何人もメンタル不調に追い込んでいる。恥知らずの甘え野郎だ。

 人事部には「もう元上司とは組まないよう配慮して欲しい」「顔も見たくない」と、ハッキリ希望してきた。上役からも「君の指導の仕方には問題がある」と直々に訓告を受けているらしい。この糞上司のせいで休職に追い込まれて、僕の月給は20%減少しました。それにも関わらず、僕が復職した後、何度も連絡してきて仕事の依頼や指導をしてきやがる。先にお前が減収分払えや。

 それだけでなく、異動先の職場で、同僚に「部下を二人潰した」と話していたそうです。ひょっとしたら自責の念からかもしれませんが、50代半ばでわざわざそんなことは言いますか。全くもって反省のない、恥ずかしいヤツだと言わざるを得ません。とんでもない身の程知らずだと思う。 

 

 復職して1か月半、仕事も普段通りのペースに少しずつ戻りつつあります。しかし、元上司に対する怒りの感情が収まりませんクソガッ!

 こういう時のデメリットは、一つは「怒りに打ち震えている様子が、はたから見て惨めでみっともなく見えてしまうこと」。もう一つは「怒りの感情に囚われて一か所に留まり、前進している感じがしないこと」。この二つです。 

    

 

 「僕を休職に追い込んだ、恥知らずな甘え野郎の元上司を絶対に許すことはできない」。このようなネガティブな感情をどうしたら克服できるでしょうか?

 ジェリー・ミンチントン著『うまくいっている人の考え方』という本があります。メンタルの立て直し方について100種類のやり方がある、どんな局面に遭遇しても、いろんな心の持ち方のパターンを駆使して対応できる、こういう本です。

 本書から4つの考え方をピックアップしたいと思います。

■ 「他人を変えようとしない

 自分が他人を問題視することをやめないかぎり、人間関係の問題はなくならない。このことに気づけば、人間関係に関する不変の真理が把握できる。それは、たいていの場合、他人を自分の思いどおりに変えようとして時間を浪費するよりも、自分の態度を変えたほうが、てっとり早くて現実的、しかも長続きするということだ。

■ 「他人に対する悪い感情はさらりと忘れる

 衝突したことのある相手に対しては、やむをえない場合は別として、無理に友好的な態度をとる必要はない。しかし、忘れず許さずという態度を貫いていると、あなたは強さと柔軟性を失い、無力感にさいなまれ、自分で人生を積極的に切り開くどころか、被害者意識に取り憑かれることになってしまう。

■ 「他人を批判しない

 他人のあら探しをすることのいちばん危険な点は、それがどんどんエスカレートしていくことだ。そして、絶えず犠牲者を探し回り、標的となる人がいなくなると、自分をも犠牲者にすることになる。その結果、初めは他人に対して厳しいことを言っていたのが、やがて自分にも厳しい判断を下すようになり、ついに自分が自分の最大の敵になってしまうのだ。

■ 「自分の怒りを理解する

 怒りは必ずしも悪いものではない。健全な怒りはむしろ必要だ。健全な怒りを感じることが、その状況を変えようとするきっかけになる。前向きな姿勢で取り組むなら問題はない。

 いっぽう、不健全な怒りの特徴は、感情を抑えることができず、憎しみや激怒、逆恨みとなって現れることだ。思考停止に陥って感情だけで行動すると、自分をコントロールできなくなる。

 不健全な怒りは捨てたほうが得である。そのための最高の方法は、人生は必ずしも思いどおりにならないと悟ることだ。どうにもならないことに不平を言っても何の役にも立たない。

 

 メンタル立て直しについてジェリー・ミンチントンの言葉を紹介しました。

 いつまでも相手に対する怒りの感情を持ち続けることは、いつの間にか自分を苦しめているのだ、という指摘です。これを肝に銘じて、前に進むことが必要かもしれません。

 

☟『うまくいっている人の考え方』ジェリー・ミンチントン(ディスカヴァー・トゥエンティワン)  

 

trrymtorrson.hatenablog.com 

trrymtorrson.hatenablog.com