40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

【職場復帰19】睡眠と休養を入れながら、本業と趣味と副業のメリハリをつける

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 復職してもうすぐ1年です。

 長期の休職、病気休暇中の方の参考にと思い、復職後のレポートを書き残しておきます。

 復職してから今月で丸1年になるので、この復職レポートも1年書いたら終わりかな。

 

 僕は新型コロナウイルスが流行する半年前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。

 身の回りの棚卸し作業をしています。3月中旬から復職しました。今も棚卸しを継続しています。  

 休職に至る前の半年間は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。 

 最終的には毎日残業、土日出勤、パワハラ上司の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって休職しました。

 

 仕事で挫折して休職、その後の休職生活の経緯は『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』にまとめました。

 休職中の内省生活、そして復職してからの数か月のメンタルの動きについては『もう本業には全力で取り組まない。趣味と副業のウエイトを上げていく! ~半年間の休職から復職への体験記~』にまとめています。

 同じような境遇の方は共感できる部分もあると思うので、是非お読みください。

    

 

 復職してだましだまし過ごしてきてもうすぐ1年です。

 途中仕事の繁忙期がありそこは何とかこなしてやり切った感を得ることもありましたが、全体的に毎朝の出勤がしんどい、勤務時間をやり過ごすのがしんどい1年でした。

 ただ、適当に休み休みやり過ごすのはみんな一緒だし、最低限やるべきことはやってきたので後悔はありません。

 

 ツイッターでは、うつ病適応障害などで仕事で挫折したり転職したりしながらも逞しく毎日を送っている方々が多いですね。ホントに頭が下がるし仲間のような気がしますね。

 

 作家の佐藤優さんが著書で書いていたように、40代は様々な転機が訪れる時期。 

 僕は適応障害のような状況になり半年間の休職を経験してから、本業にはもう全力を出さないと決めました。

 

 今年は帰宅してから次のようなことを毎日の日課にしてきました。

Voicyの「ながら日経」と「Voice of ちきりん」を聴く⇒ポイントサイト巡回⇒メールチェック⇒PhotoAC投稿⇒はてなブログ記事書く⇒散歩する⇒ヤフーポータルのニュース見る⇒ツイッター見る⇒YouTube動画見る⇒本を5冊くらい同時読みする

 

 こんなことをずっと続けてきました。

 ここ数日、気がついたら本業も忙しくなり時間が過ぎるのを忘れるほど没頭していました。消化しないといけない仕事だったからですね。

 今日、帰宅して何も手につかないほどクタクタになって、帰宅後のいつもの日課が何も手につかない無の状態でした。

 

 気がついたらここ数日睡眠不足で脳の疲労がピークに達していました。

 本業の力をセーブしてほどほどにやってきたから、上のような「家活」が可能だったんですね。

 やっぱり睡眠と休養を入れながら、本業と趣味と副業のメリハリをつけるのが大事ですね。 

 

☟『もう本業には全力で取り組まない。趣味と副業のウエイトを上げていく!』trrymtorrson 著