40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

今年の本業の目標は「面従腹背」。縦のラインガッチリで仕事して上手くいくはずがない

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 今から1年以上前、「毎日残業+土日出勤+パワハラ上司」の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって半年休職しました。

 2020年3月中旬に復職し、その後何とかやり過ごして今に至っています。

 

 昨日、今年の当面の目標として「情報を集める→ストックして組み合わせる→記事を書く」というのを中心に据えて、毎日ToDoリストをこなしていくということを書きました。

 これは本業以外のところの話ですね。

 じゃあ今年の本業自体の目標を何にしようか?ということです。

 

 今から1年以上前のどっぷり休職していたころ書いた記事です。 

trrymtorrson.hatenablog.com

 復職した折には、次のメンタルセットで臨みたいと思います。 

■ ×「同僚に挨拶しなければならない」

  「同僚に挨拶しない」

■ ×「上司にことわけやお詫びを言わなければならない」

  「上司にことわけやお詫びを言わない」

■ ×「早く仕事に慣れなければならない」

  「仕事に慣れないフリをする」

■ ×「休職以前の仕事量をこなさなければならない」

  「仕事ができないフリをする」

 

      

 

 復職して早いものでもうすぐ1年になります。

 さすがに、上司や同僚に挨拶はしていますね。

 仕事はまずまずやってますよ。

 月に1回程度通院して薬は飲んでいますし、それでも途方もなく仕事に行きたくなくなることがあるので、有給休暇取りますね。

 直属の上司も悪い人間ではないですし、その上の上司も悪くはない。

 しかし、それぞれの上司の性格と今の職場の組織構成上、ガッチリ縦のライン。

 自由にやらせてもらう雰囲気ではないですね。

 組織の長が直属の部下に指示を与え、その人が部下に仕事を振る。

 まあ、当たり前っちゃ当たり前ですが。

 僕は仕事量に応じて後輩に振る感じです。後輩は仕事できるからですね。

 前の部署ではやりたい放題やっていた時期もありましたよ。

 

 今年の本業の目標を何にしようか?という話でしたね。

 前に書いた「逆張りメンタル」はまだ生きてますね。これをもっと推し進めようかと。

 ちょっと趣向を変えて言うと「面従腹背」ですね。

 「うわべだけ上の者に従うふりをしているが、内心では従わないこと」

 今年の本業の目標は「面従腹背」です。

 

 縦のラインの命令系統ガッチリで仕事をするというのは、もし上司がダメだともう逃げ場がないですからね。仕事のやる気を極端に削がれてしまう。

 はっきり言って、年が十も上だともう駄目ですね。確かに人格的にも経験的にも優れた上司はいますよ。しかしITとロボットとテクノロジーに大変革が訪れている時代です。世代が違って考え方が合うはずがない。

 縦のラインでマウントして仕事しようとすること自体、50代以上はもう駄目だと思わなければいけない。オッサン上司の7割はもう終わっている。

 僕ももしかして終わってますか?

 ともかく今年はせっせとプライベートを優先します。

 

 ☟『僕たちはもう働かなくていい』堀江貴文小学館新書)

僕たちはもう働かなくていい (小学館新書)

僕たちはもう働かなくていい (小学館新書)