40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット そんなことを書いているブログ

「社長になった気持ちで仕事しろ」という社員教育論は、今の時代通用するのか?

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 今から約1年前、「毎日残業+土日出勤+パワハラ上司」の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって休職しました。

 3月中旬に復職し9か月やり過ごして2020年を締めくくりました。

 

 先日から超大物、伝説の経営コンサルタント大前研一さんの『考える技術』を読んでいますが、ショボいサラリーマンである僕にとって、ちょっと「ん?」となる記述がありました。気になったので書きます。 

 

     

 

 具体的に今の仕事に役立つ思考トレーニングの題材として、最適なものを紹介しておこう。

 それは「自分が二階級上のポジションにいたらどうするか」を考えることだ。どの企業も、さまざまな問題を抱えているはずである。今、あなたが係長だったら部長、課長だったら取締役の立場に立ってみて、「自分だったらどうやってその問題を解決するか」、それを徹底的に考えてみるのである。

 

 この本は2004年に単行本で出たので、15年以上前の本ということになります。

 

 「自分が二階級上のポジションにいたらどうするか?」を考えることは、確かに思考トレーニングになるでしょう。

 これはいろんな上司がよく言いますよね。

 お前が管理職になったら、社長になったら、ということを考えて、全体をみて仕事しろとよく言われますよね。

 ちょっと昔のビジネス書にもよく書いてありましたね。

 一般的に仕事を上達させる訓練として、一定の理解はできますよ。

 

 でも、もはや昔のように右肩上がりの企業成長、終身雇用、年功序列の昇進、賃金上昇、そういった価値観は崩れてきていますね。

 管理職以上のポストはもともと限られている。

 会社の規模や業態にもよりますが、「社員全員が社長になったつもりで」と会社のために奉公するという価値観が今の時代通用するのか?しませんね。

 15年前、20年前と比べて、明らかに社員の会社に対する帰属意識は低下していますよ。

 係長、課長くらいにはなれるかもしれませんが、会社そのものが10年先も存在するか分かりませんよね。

 「自分が二階級上のポジションにいたらどうするか考えて仕事しろ」という教育方法は、10年以上前なら通用するかもですが、今の時代、相当説得力を失ってきていませんか?

 それが説得力を持つのは「自分が独立起業するとき」だけじゃないの?

 

 先日パレートの法則のことを書きましたが、会社の成果の80%を上げているのは20%の社員で、彼らは超優秀です。そのなかで出世欲があるごく一握りの人が、二階級、三階級昇格していくのであって、その出世競争に参加したいですか?したくないですね。

 

 そうであれば、今の時代もはや「自分はそのうち会社から独立して起業する」という明確な目的意識を持つことが前提。

 その上で「自分が二階級上のポジションにいたらどうするか考えて仕事する」という思考トレーニングが初めて有効ですよね。

 

☟『考える技術』大前研一講談社文庫)   

考える技術 (講談社文庫)

考える技術 (講談社文庫)

  • 作者:大前 研一
  • 発売日: 2009/03/13
  • メディア: 文庫