40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

パワハラ自殺は、やり場のない怒りを感じる。背景に「バブル脳」があるのではないか?

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 本業のサラリーマンに復職して8か月が経ちました。

 仕事が回らなくなって挫折して休職しました。

 パワハラというと若手がオッサン上司に受けるイメージですが、僕は40代オッサンで、50代上司からパワハラを受けてメンタル的に疲弊して仕事休みました。

 

 

 オッサンがパワハラを受けるというと違和感を感じられる方もいるかもしれません。

 しかし、自分が40代だから目につくのかもしれませんが、40代でパワハラ被害にあうという事例がしばしば見られます。

 

www.nishinippon.co.jp

www.nishinippon.co.jp

 

 当時41歳の男性警部補が、上司から嫌がらせを受けたとする遺書を残して10月に自殺した問題で、県警は11日、交通課長の男性警部(50歳代)のパワーハラスメント行為を認定し、戒告の懲戒処分にした。

 

 被害者が同世代なので、何ともやり場のない怒りを感じます。

 

 

 これは一般論で言うのではなく、あくまで個別事例として言いたいのですが、50代以上はバブル世代だから社会は右肩上がりで、基本的に就職から何から苦労していないと思う。普通にやってれば成果が右肩上がりの世代でした。

 

 それに比べて40代以降の世代は、バブル崩壊後の右肩下がりの時代を生きてきた。

 

trrymtorrson.hatenablog.com

 

 パワハラをしたこの50代の男性警部は、頭のなかがバブルで、仕事の成果が右肩上がりに湧いてくると考えていたのではないか?

 50代以上にパワハラ事案が多いのは、自分がさして苦労せずとも業績が上がっていた経験があり、その感覚が抜けてないからだ。

 言い換えれば、バブル脳の人間は成果が上がらない理由を部下の能力のせいにしているんですよ。

 

 繰り返しますが、一般論で言っているのではありません。50代以上で立派な方はいらっしゃいますので。

 しかし、一部に右肩下がりの時代を理解してない「バブル脳」がいて、こういったパワハラ事案などが表面に出てくると思うのですね。

 

 本日の記事は以上です。

 

☟『世代の痛み 団塊ジュニアから団塊への質問状』上野千鶴子雨宮処凛中公新書ラクレ