40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

「ダンナの昼顔」に感じる違和感。労働時間削減は欧州のトレンド『貧乏国ニッポン』加谷珪一 著

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 復職して5か月半が経ちました。

 

 僕は新型コロナウイルスが流行する半年前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。

 身の回りの棚卸し作業をしています。3月中旬から復職しましたが、今も棚卸しを継続しています。  

 

 休職に至る前の半年間は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には毎日残業、土日出勤、パワハラ上司の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって休職しました。

 詳しくは『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本を出していますので、似たような境遇の方はお読みください。

 

 僕は40代半ばのオッサンですが、仕事とパワハラ上司に潰されて約半年間休職したという普通のサラリーマンとちょっと違った経験をしました。

 

 すでに復職してもうすぐ半年になろうとしていますが、社会の中核40代とは何なのか?仕事のやりがいとは何なのか?どうやって適正なワークライフバランスを実現するのか?中年になっても仕事を順調にこなしながら好きなことにも熱中することができるのか?こういったことを日々考えています。

 

 以前の部署ではそこそこ仕事にやりがいを感じて、「ゾーンに入る」「フロー状態になる」という経験もしましたが、新しい部署では、週5勤務がツラい。朝が特にツラい。仕事に行きたくない。こういう状態が続いています。

 

 さて先日、加谷珪一さんの『貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか』を読み終わりました。 

 これがなかなか面白い!

    

 

 著者はここ10年から20年のあいだに、日本がいかに「貧乏な」「安い」国になってしまったか、国際的にみて明らかに経済力、国力が低下してしまったということを様々なデータや具体例を示して書いています。

 

 以前から僕はベーシックインカムのことをたびたび取り上げましたし、ドイツ人と日本人の働き方の違いなどの記事も書きました。また何度となく法定労働時間を5~6時間にすべきだと書きました。

 僕もフロー状態の経験があるので分かりますが、仕事に熱中してフロー状態にある人間には勝手に仕事をやらせておけばいいのです。

 勝手に仕事にハマっているくせに、同僚にも同じ意識を求めるのは間違いです。僕の糞上司がそうでした。

 

 本書『貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか』に戻ります。

 この本で著者は、日本が長時間労働に代表されるように職場の労働環境の劣悪さが大きな問題だと指摘したうえで、欧州の労働事情について触れています。 

 2019年の年末、フィンランドの首相に就任したばかりのサンナ・マリン氏が、働き方改革の一環として週休3日制の導入を検討するというニュースが報じられました。

 隣国スウェーデンでは、1日6時間労働の実証実験が行われるなど、労働時間をさらに削減しようという動きが顕著です。つまり、北欧諸国では、労働時間の大幅な短縮はかなり現実的なテーマになっているのです。

 ドイツやオランダでは、制度にはなっていませんが、週休3日を実現している企業は少なくありません。ドイツの1日あたりの平均労働時間は5.7時間(!)ですから、日本と比較すると大幅に短くなっています。

 大金を稼げるかわりにハードワークが半ば推奨されている米国のような国は例外として、労働時間の短縮は欧米先進国ではひとつの大きな流れになっていますし、一部の国では、全国民に無条件で最低限の所得を保障する、いわゆるベーシックインカムについても議論が進められています。

 

 先日テレビで、南海キャンディーズ山里亮太がMCを務めるTBS系のバラエティー番組『ダンナの昼顔』を観ました。

 「妻が初めて”ダンナの仕事姿”を見たら・・・?」。

 夫の意外な仕事姿、そして懸命に働く夫の姿に、夫の妻とゲストパネラーがリアクションし、最後に「パパはカッコイイ!」と感動するという番組です。

f:id:trrymtorrson:20211001235728j:plain

 スシローの店長を務める夫に密着したり、いろんな業種の働き方に興味津々で面白く観させてもらったのですが、僕はその働く夫たちの「笑顔で仕事しているが、目は笑ってないワーカホリックな表情」に強い違和感を覚えました。

 彼らは普通に帰りが夜9時、10時で、中には1か月家に帰ってないという男性もいました。

 

 やっぱり日本は劣悪な労働環境、または著しく生産性が低い長時間労働が常態化している国なのだということを確信しています。

 だから何回も書きますが、ベーシックインカム、1日労働時間5~6時間、週休3日制の導入の議論をしていくべきなんですね。 

 

 自分の人生、転んでもただで起きるな、必ず反撃に転じましょう。不本意ながら失業や休職した人、転職した人、就職氷河期で苦汁をなめた同世代の中年オッサンの皆さんも、逆境をチャンスに変えていきましょう。

 

☟『貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか』加谷珪一 著(幻冬舎新書)