40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

【政党支持率】SNSの時代と言われて久しいですが、政治への影響力ってあるのか?

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 今月末に衆議院議員選挙が控えていますね。

 

 NHKの調査で政党支持率が出てました。

 10月時点ですかね?

www3.nhk.or.jp

f:id:trrymtorrson:20211014223104j:plain

 

▶ 自民党 41.2%

▶ 立憲民主党 6.1%

▶ 公明党 4.1%

▶ 共産党 2.7%

▶ 日本維新の会 1.8%

▶ 国民民主党 0.7%

▶ れいわ新選組 0.2%

▶ 社民党 0.6%

▶ NHK党 0.1%

▶ 特になし 36.1%

 

 自民党が3.6%伸ばしてますね。いつ時点からの伸びか分かりませんが。

 一部では岸田さんに冷めた見方もありますが、支持する見方もあるということでしょうね。

 

 やっぱり自民党1強と言わざるを得ません。

 立民、公明、共産、維新がなんとか1%以上の一桁。

 1%以下ってほぼ支持率ゼロということですよね。

 

 衆参両院の議席数でいくと国民民主までが2桁。

 れいわ、社民、N党がそれぞれ2~3議席のようですね。

日本の政党一覧 - Wikipedia

 

 無党派層が多いんですが。

 選挙に行って、ちゃんと支持政党に投票しましょうとか言うつもりはありません。

 僕自身も選挙に行くの嫌いなんですよ。

 公正なネット投票、スマホ投票のシステムがあれば、すぐ投票したいですが。

 

 支持政党「特になし」の人たちってどんな人たちでしょうか?

 若者も高齢者もいると思いますが。

 

 SNSの時代と言われて久しいですね。

 SNSの拡散力はスゴイと。

 

 ですが政党支持率見ると、なんか冷え切っていますね。

 SNSの政治への影響力ってほとんど無いですよね。

 だってインディーズ政党がほとんど支持率ゼロなんですもん。

 れいわの山本太郎さんとか注目してるんですが、内輪だけで盛り上がっている感じですよね。なんかもったいないです。

 

 本日の記事は以上です。