40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

【歩数計アプリ2】休職中の過ごし方、歩数計で現役40代と対戦した結果

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 40代半ばの僕は仕事や家庭に忙殺されて失われた20年の自分の時間を取り戻したいと模索しています。

 昨年から、仕事が辛くなり休職しています。休職中のまま2020年に突入しました。職場の取り扱いに基づくと、厳密に言えば病気休暇なのですが、自分のなかでは休職という用語がしっくりくるのでそういうことにしています。

 休職に至る前の半年間は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで、気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には上司との関係でひどく疲れた、仕事のやる気が起きない、出勤したくない、という状態になったのです。

 詳しくは辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」というタイトルでkindle本を出版しております。似たような境遇の方はぜひお読みください。

 

 僕の場合は心身がシリアスな状態に至る手前でしたので、気が滅入る、夜間眠れない、物事に興味が湧かない、といった具体的な症状はありませんでした。

 医師から休養を勧められたとき、正直に言えば「えっ、休んじゃっていいの?」「今まで出来なかった好きなことをやろう」と。

 行動の規範としたのは、ホリエモン『多動力』です。休職に入ってからは、以下のことを念頭に置きました。 

 

■ 朝必ず早めに起きて、生活のリズムを維持する

■ 「日記」「カレンダー式のスケジュール帳」「やることリスト」を書く

■ 興味が少しでもあったら色んなことに手当たり次第に手を着けてみる

■ 一つのことをやり終える前に、次の新しいことに着手してみる 

 

 そうするうちに、「毎日少しずつ継続して出来る好きなこと」「1日のスケジュールを埋めていく」ようになっていきました。

 40代半ばになって、生活スタイルを再構築するということですね。 

 

毎日の歩数がdポイントに!

 

 さて、本題です。

 家に居ることが大好きなので、休職すると動かなくなっていました。 

 そこで、着手したことの一つは、歩数計アプリで毎日5,000歩以上歩くことです。

 dヘルスケアの無料版は歩数が測れて、ポイントも貯められて、目標値や40代男性平均値が出ます。

 2019年11月からアプリを導入しましたが、はっきり目標を設定したのは今月に入ってからです。結果を出してみました。以下の通りです。

 

 ■12/17~1/15までの実績(1日歩数の29日間合計)

【筆者】【40代男性平均】

95,249  206,294

 

 こうやって見える化してみると、現役40代に完敗でした。スマホ持ってないときはカウントされないので、実際歩いた歩数より少なく出ると思いますが、それは他の人も同じです。

 目標達成回数(5,000歩/日)は、29日中11回。1日歩数の40代男性平均値との勝敗は、3勝26敗でした・・・。

  先日ブログを始めたときに、「世間一般の同世代は、日々、何を思い何をして過ごしているのだろう・・・」と書きましたが、世間の40代はとてもアグレッシブに過ごしているようです。

 休職中とはいえ、比べると気が滅入ってしまいます。もっと頑張ろうと思いましたね。 

 

 ☟『多動力』堀江貴文幻冬舎文庫)  

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

  • 作者:堀江 貴文
  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: 文庫
 

 

trrymtorrson.hatenablog.com