仕事したくない事務職のオッサンのビジネスブログ

40代中年の危機 休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット

Nasum『Helvete』(2003年)平成の回顧録的観点からメタルの名盤を振り返る㊺

こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

仕事人間でしたがきっつい上司に潰され半年くらい休職した経験があります。

 

休職期間中は仕事のことを一切忘れて、デスメタルTシャツを着込んで、デスメタルを聴きながら療養していたんですよ。

 

さて休職して自分と向き合う時間ができたので平成の振り返りをしたいんですが、僕にとって平成の30年間(から令和の現在まで)ほぼどっぷりヘヴィメタルを聴いて過ごしてきたんですね。

そこで平成の回顧録的観点から、もはやクラシックだが色褪せないヘヴィメタルの名盤を紹介します。

歴史は風化したり断絶したりしますが、優れた作品を聴いた時の衝撃は鮮烈に思い出されます。

 

第45回目はスウェーデングラインドコアバンド、Nasum(ナザム)の3枚目のフルアルバム「Helvete(ヘルヴェテ、ヘルベッテ)」です。

「Helvete」は2003年リリースで、2003年は平成15年になります。平成15年は僕が29歳でした。

 

■2003年の日本(wikipediaより)

◆中国各地で重症急性呼吸器症候群SARS)が流行◆郵政事業庁日本郵政公社に◆株式会社エニックスと株式会社スクウェアが合併し、スクウェア・エニックスとなる◆個人情報保護法が成立◆有事関連三法が成立◆住民基本台帳ネットワークシステムが本格稼働◆ジェイフォンが世界最大の携帯通信事業者、ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)にブランド変更◆独立行政法人国民生活センター発足◆イラク日本人外交官射殺事件◆足利銀行が経営破綻、一時国有化◆地上デジタルテレビ放送が東京、大阪、名古屋で開始◆米国でのBSEの牛の発見を受け、日本政府が米国産牛肉・牛肉製品の輸入を停止

◆ベストセラー:養老孟司バカの壁片山恭一世界の中心で、愛をさけぶ』フジテレビ『トリビアの泉 へぇ~の本』スマステーション『ベラベラブック2』木村拓哉『解放区』◆映画:『踊る大捜査線THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ』『マトリックス リローデッド』『ターミネーター3』『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』『マトリックス レボリューションズ』『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』『HERO』『トランスポーター』『戦場のピアニスト』『レッド・ドラゴン』『座頭市』『ラストサムライ』...etc.

 

 

1990年代の僕はハードロックもヘヴィメタルも、手当たり次第にCDを買いまくって、レンタルしまくって聴きまくっていたんですが、2000年代になって、ちょっとメタル熱が落ち着いてきて、聴き込むバンドを厳選するようになってきました。

 

デスメタルブラックメタルグラインドコア、ドゥーム/ストーナーなどのエクストリームメタルを中心に、センスの良さそうな定評のあるバンドを厳選しました。

 

そんななかでも、これはというバンドは、音を聴いたことがなくてもイチかバチかアルバム買って聴き込むようにしています。

そんなとき、Children of Bodomのところでも書きましたが、購入に当たってはバンド3枚目あたりの作品を買うことにしています。

どんな音か分からないバンドの場合、楽曲もプレイもサウンドプロダクションも充実しているのは、3枚目なんですよ。

 

Nasumは1992年に結成されたスウェーデングラインドコアバンドです。

1998年に1枚目のアルバムを発表してから2004の4枚目のラストアルバムまで、実質的な活動期間はわずか6年という、非常に短命なバンドでした。

 

2004年末のスマトラ島沖地震で、休暇でタイに訪れていたギター&ヴォーカルのミエツコ・タラーツィクが津波に飲み込まれて死亡。

バンドは解散しました。

 

非常にパワフルかつクオリティの高いバンドで、将来ビッグバンドになっていたかもしれないので残念な結果です。

 

話は戻りますが、僕がNasumに触手を伸ばしたきっかけは、彼らの2ndアルバム「Human2.0」が雑誌で紹介されていて非常に評判が高かったからです。

その後3rdアルバムがリリースされたタイミングで、本作を入手しました。

 

「Helvete」とは、スウェーデン語で「地獄」。

サウンドやジャケットアートは、まさに地獄そのもの。

地獄と言ってもグロいやつじゃなくて、もっと社会的な抑圧や精神的な抑圧に対する激しい怒りや憎悪をぶちまけるサウンド

 

基本的にはNapalm DeathやBrutal Truthのような直球のグラインドコアですが、ほとんどが2分前後の曲にもかかわらず、随所に聴きどころを設けているのが凄い。

バンドの創設メンバーで作詞作曲も手掛けるアンダース・ヤコブソンのドラミングが、バンドのサウンドの屋台骨です。

アンダースとミエツコがそれぞれ作詞作曲をして、曲を持ち寄ってアルバムに仕上げているようです。

 

僕は普段歌詞カードの和訳はほとんど読まなくて、ヴォーカルもサウンドの一部として聴くスタイルなんですが、このNasumは違います。

ミエツコのスクリームと、ベースのイェスパー・リヴロッドのグロウルによるダブルヴォーカル。これが実にパワフルです。

ガッツリ歌詞を読み込むと、よりパワフルなNasumの世界観に没入できます。

 

圧倒的な突進力で38秒を駆け抜ける1曲目の「Violation」、間髪入れず2曲目「Scoop」に突入。最高にリフがカッコよくてグルーヴもあります。

ただブルータルなだけではなく、4曲目「Stormshield」や14曲目「The Final Sleep」のように欧州メタルらしい抒情性や、7曲目「Relics」や日本盤ボーナストラックの「Helvete」のようにデス&ロールのようなノリノリの疾走感が随所に盛り込まれています。

 

僕が個人的に大好きなのは、19曲目の「Preview of Hell」です。

おそらく兵卒として戦場に送り込まれて、そこで地獄を見るという歌詞ですね。

 

www.youtube.com

 

外の世界が衝突し崩壊していく

冷たい風が俺を突っ切っていく

俺の武装は準備万端、何でも来やがれ

これが俺の戦場からの最後の手紙だ

 

何も解っちゃいなかった

何が待ち受けていたのか知る由もなかった

 

泣き叫びながら

落ちていく者もいた

何も言わない者もいた

俺がどんな所にいたか

あるいはどんな光景を目の当たりにしたか

お前には想像もつかないだろう

血が、赤も黒も、至る所で

血が、血が、そこらじゅうで

血が、赤も黒も、至る所で

血が、そこらじゅうで、血が

 

と、こんな歌詞です(笑)。

アルバムの中でも、最もストレートで陰鬱でパワフルな歌詞で、サウンドと相まって強烈なインパクトです。

 

ちなみに僕は彼らの作品は「Helvete」しか持っていないんですが、こちらのブログで彼らの「Human2.0」の「Shadows」という曲が紹介されていて、非常にカッコよくてツボったので、是非いつか「Human2.0」も買って聴き込んでみようと思います。

 

heavy6bass.hateblo.jp

 

グラインドコアをただのうるさい馬鹿げた音楽だと思ってはいけない。極めて芸術性の高い作品もあるのだ。若い頃ビートルズの先鋭的な音楽を聴いて衝撃を受け、50代、60代になってもマニアで居続ける人がいるが、グラインドコアも同じだ。おそらく50代、60代になっても愛聴するだろう。そう思っています。

僕も40代半ばになりましたが、変に老成することなく、このときのNasumのように粗削りで暗く尖ったオッサンでありたいと思います。 

 

Inhale Exhale

Inhale Exhale

  • アーティスト:Nasum
  • Relapse
Amazon
Human 2.0

Human 2.0

  • Relapse Records
Amazon
HELVETE

HELVETE

  • アーティスト:Nasum
  • Relapse
Amazon
Shift

Shift

  • Burning Heart Records/Epitaph
Amazon

 

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com