仕事したくない事務職のオッサンのビジネスブログ

40代中年の危機 休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット

The Crown『Deathrace King』(2000年)平成の回顧録的観点からメタルの名盤を振り返る㉔

こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

仕事人間でしたがきっつい上司に潰され、5か月以上休職したのち復職しました。

 

休職期間中は仕事のことを一切忘れて、デスメタルTシャツを着込んで、デスメタルを聴きながら療養していたんですよ。

 

さて休職して自分と向き合う時間ができたので平成の振り返りをしたいんですが、僕にとって平成の30年間(から令和の現在まで)ほぼどっぷりヘヴィメタルを聴いて過ごしてきたんですね。

そこで平成の回顧録的観点から、もはやクラシックだが色褪せないヘヴィメタルの名盤を紹介します。

歴史は風化したり断絶したりしますが、優れた作品を聴いた時の衝撃は鮮烈に思い出されます。

 

第24回目はスウェーデンのThe Crown(ザ・クラウン)の4枚目のフルアルバム「Deathrace King(デスレース・キング)」です。

「Deathrace King」は2000年リリースで、2000年は平成12年になります。平成12年は僕が26歳でした。

 

■2000年の日本(wikipediaより)

◆コンピューターの2000年問題プレイステーション2発売◆地方分権一括法、民事再生法介護保険制度が施行される◆第一火災海上保険が日本初の損害保険会社の経営破綻◆ストーカー規制法公布◆日本長期信用銀行新生銀行に改称◆金融庁発足◆みずほフィナンシャルグループ発足◆第二電電KDD日本移動通信が合併しKDDIが発足◆千代田生命保険が経営破綻◆BSデジタル放送開始◆世田谷一家殺害事件発生

◆ベストセラー:大平光代『だから、あなたも生きぬいて』アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ『話を聞かない男、地図が読めない女』J・Kローリンズ『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』辰巳渚『「捨てる!」技術五木寛之『人生の目的』乙武洋匡五体不満足』◆映画:『007ワールド・イズ・ノット・イナフ』『グリーンマイル』『アメリカン・ビューティー』『ミッション・トゥ・マーズ』『グラディエーター』『ミッションインポッシブル2』『リプリー』『パーフェクトストーム』『チャーリーズ・エンジェル』『バトル・ロワイアル』...etc.

 

f:id:trrymtorrson:20220227145003j:plain

 

90年代は米国のフロリダのデスメタルスウェーデンメロディック・デスメタルの全盛期でした。

比べて2000年代のエクストリームメタルというのは個人的には停滞期でしたね。

CDは買いまくっていたんですが、ややメタル熱は冷めていました。

 

そんななかで2000年にリリースされたのが本作「Deathrace King」です。

 

スウェーデンメロディック・デスメタルIn FlamesDark Tranquillity、Edge of Sanity、Dissection、At the Gates、Arch Enemyといったバンドが一大ムーブメントを起こしていました。

また、王道のメロデスだけでなく、MardukやNaglfarなどのブラックメタル、EntombedやSoilworkやDefleshedなどのデスラッシュなどがあり、どれも高品質で個性的。

スウェディッシュ・エクストリームメタルに僕はどっぷりとハマったんですね。

 

The Crownは当初Crown of Thornsの名前で1990年に結成され、1995年に「The Burning」、1997年に「Eternal Death」という2枚のアルバムをリリースしました。

その後、同名のバンドがあることが判明しThe Crownに改名。

改名後の1998年に「Hell is Here」、そして2000年に本作「Deathrace King」をリリースしたんですね。

 

当初はメロディック・デスメタルの系列で語られたバンドですが、The Crownに改名した後の「Hell is Here」と「Deathrace King」という2枚の作品は彼らが完成されたオリジナルのスタイルを持つバンドだということを証明しました。

 

彼らの音楽はメタリカやスレイヤーやモーターヘッドのような王道のスラッシュメタルと「Death'N'Roll」と形容されるロックンロールスタイルの融合が大きな魅力です。

エントゥームドなんかもそうですね。

 

ロックンローラー然としたベーシストのマグヌス・オルスフェルトと王道スラッシュスタイルを得意とするギタリストのマルコ・テルヴォーネンの2人が曲作りのキーマンです。

2022年現在マグヌス・オルスフェルトは脱退していますが、バンド結成から2020年頃までは安定したメンバーで安定したサウンドの作品を発表しています。

 

本作は怒涛の突進力を持つ「Deathexplosion」で幕を開けます。テルヴォーネンの曲ですね。

以降、オルスフェルトの曲とテルヴォーネンの曲を交互に配した曲順となっています。

「Executioner Slayer of the Light」「Back from the Grave」「I Won't Follow」「Blitzkrieg Witchcraft」「 Total Satan」など、ズラリと疾走感抜群のデスラッシュ曲が並びます。

 

www.youtube.com

 

デスラッシュの突進力を支えるのはヤンヌ・サレンパのドラムです。

重く小気味のいいスラッシュビートに時折ブラストビートを織り交ぜるスタイルで、ドラムプレイを聴いているだけで楽しくなります。

 

テルヴォーネンとツインギターを形成するマーカス・スーネソンのソロプレイも安定感抜群だし、ヴォーカルのヨハン・リンドストランドはデスヴォイスからシャウトスタイルまで器用にこなす存在感抜群のフロントマンですね。

 

メタリカの「Disposable Heroes」を彷彿とさせるミドルテンポの「Vengeance」「Dead Man's Song」も重量感抜群。

そして本作の一番の聴きどころと思うのは、6曲目の「Rebel Angel」とラストの「Killing Star [Superbia Luxuria XXX]」ですね。

2曲ともオルスフェルトの曲ですが、これぞ「Death'N'Roll」!!

 

デスラッシュをただのうるさい馬鹿げた音楽だと思ってはいけない。極めて芸術性の高い作品もあるのだ。若い頃ビートルズの先鋭的な音楽を聴いて衝撃を受け、50代、60代になってもマニアで居続ける人がいるが、デスラッシュも同じだ。おそらく50代、60代になっても愛聴するだろう。そう思っています。

僕も40代半ばになりましたが、変に老成することなく、このときのThe Crownのように粗削りで暗く尖ったオッサンでありたいと思います。 

 

Hell Is Here

Hell Is Here

  • Metal Blade Records +
Amazon
Deathrace King

Deathrace King

  • Metal Blade Records +
Amazon

 

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com

trrymtorrson.hatenablog.com