40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

仕事というものは常に必要ではない。そのうちに必要なくなる 『「やりがいのある仕事」という幻想』森博嗣 著

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 復職してちょうど半年が経ちました。

 休職期間半年、そのあと復職して半年です。

 僕は新型コロナウイルスが流行する前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。

 身の回りの棚卸し作業をしています。3月中旬から復職しましたが、今も棚卸しを継続しています。  

 休職に至る前は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には毎日残業、土日出勤、パワハラ上司の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって休職しました。

 詳しくは『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本を出していますので、似たような境遇の方は読んでみてください。

 

 すでに復職して半年ですが、社会の中核40代とは何なのか?仕事のやりがいとは何なのか?どうやって適正なワークライフバランスを実現するのか?中年になっても仕事を順調にこなしながら好きなことにも熱中することができるのか?こういったことを日々考えています。

 

 先日、20代30代で悩みを抱えている人、生きづらい人、仕事で疲弊している人は、気楽に精神科にかかって診断書を書いてもらって休職してみてはどうかということを書きました。

 それと矛盾するようなことを書きますが、40代のオッサンになったから余裕を持って、開き直って休職できたのかもしれません。

 20代、30代のうちはサラリーマン勤めを辛抱した方が良いかもしれません。

 それでも本当に「疲れた」「もう駄目」「辛い」そういう日が続いているのなら、退職を考える前に休職という選択肢もあるのだということを是非言っておきたいですね。

 

 さて休職期間に入って以降、とにかく猛烈に読書してみようと思い、書店やブックオフで気になった本は片っ端から買って読んでいます。

 そのなかで、サラリーマン勤めから離れたときに読んでみてはどうかという本があります。

 『「やりがいのある仕事」という幻想』(森博嗣 著)です。 

    

 

 著者の森博嗣さんは1957年生まれの作家で工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、作家としてデビュー。小説からエッセイまで約250冊以上の著書が出版されている。仕事量は1日1時間であり、最大の関心事は模型製作。

 僕は40歳の手前で小説家になったのだが、予想外にこれが儲かった。「とんでもなく」といっても良い額だった。国家公務員の三十倍くらいの年収が十年以上も続いた。

 

 本書にはこういうプロフィールが書いてあります。

 著者は冒頭の章で「人は働くために生きているのではない」「仕事で人間の価値が決まるのではない」と書いています。

 

 「仕事というものは、常に必要ではない。最初にだけ大勢が関わる必要があっても、そのうちに必要なくなる。そうなると、今あるものを補修したり改善したりといった「維持」をする仕事に移行するしかない。

 

 本書では仕事とは何か、働くとはどういうことか、社会と歴史の大きな流れから仕事の意味を考え、あらゆる角度から仕事について論じています。 

 ストレスを溜めるくらいなら、あっさりと辞めてしまい、少しの間仕事をせず、ゆっくりと考えることも悪くないと思う。ぶらぶらと世間を眺めて生きるのも、普通はなかなかできない経験で面白いだろう。なにしろ、子供のときからずっと、そんな立場になったことはないはずだ。いつもスケジュールとノルマに追われる生活だっただろう。だから、のんびり時間を過ごすのも良いと思う。

 質素な生活ができる人は、ときどき適当に働いて、のんびり生きれば良い。贅沢な生活がしたい人は、ばりばり頑張って働いて、どんどん稼げばよい。いずれが偉いわけでもなく、片方が勝者で、もう一方は敗者というわけではない。

 

 森さんが書いているように、我々が毎日している仕事はほとんどがメンテナンス業務と言えないでしょうか?

 20代、30代の若手の人はもちろん、40代以降のオッサンでも可能であれば仕事から離れて、働くことの意味をゆっくり考えてみてもよいと思いますね。

 

 ☟『「やりがいのある仕事」という幻想』森博嗣 著(朝日新書

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)