40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット そんなことを書いているブログ

スッキリした語り口の裏にある100倍返しの人生観『今、そこにある苦悩からの脱出』齋藤孝 著

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。 

 

 復職してちょうど半年が経ちました。

 休職期間半年、そのあと復職して半年です。

 僕は新型コロナウイルスが流行する前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。

 身の回りの棚卸し作業をしています。3月中旬から復職しましたが、今も棚卸しを継続しています。  

 休職に至る前は異動先での慣れない仕事、プレッシャーをかける上司、シビアな仕事内容などで気が休まる暇がなく、平日は残業、土日もイベントか残務処理でほとんど出勤、自宅にいても仕事のことが頭を離れない毎日が続きました。

 最終的には毎日残業、土日出勤、パワハラ上司の3拍子でメンタル不調になり、診断書を書いてもらって休職しました。

 詳しくは『辛くなったら逃げよう!「休職」「病気休暇」』というタイトルでkindle本を出していますので、似たような境遇の方はお読みください。

 

 40代半ばのオッサンですが、仕事とパワハラ上司に潰されて約半年間休職したという普通のサラリーマンとちょっと違った経験をしました。

 すでに復職して半年ですが、社会の中核40代とは何なのか?仕事のやりがいとは何なのか?どうやって適正なワークライフバランスを実現するのか?中年になっても仕事を順調にこなしながら好きなことにも熱中することができるのか?こういったことを日々考えています。

 

 休職期間に入って以降とにかく猛烈に読書してみようと思い、書店やブックオフで気になった本は片っ端から買って読んできました。 

 そんななかの1冊、齋藤孝さんの『今、そこにある苦悩からの脱出』を今読んでいます。 

    

 

  齋藤孝さんといえば、テレビ番組では『世界一受けたい授業』(日本テレビ)に講師として出演するほか、『にほんごであそぼ』(NHK Eテレ)、『ガチャガチャポン!』(フジテレビ)や『東大王』(TBS)で企画と監修を担当。『情報7daysニュースキャスター』(TBS)や『ちちんぷいぷい』(MBS)、『全力!脱出タイムズ』(フジテレビ)のレギュラーコメンテーターでもあります。

 まさにテレビで見ない日はないというほど出演されています。

 東京大学法学部第2類卒、東京大学大学院教育学研究科、日本学術振興会特別研究員、世田谷市民大学講師、慶応義塾大学非常勤講師、明治大学専任講師・助教授を経て、明治大学文学部教授。

 書店では氏の著書を必ず平積みで見かけるほど大量の著作があり、特に『声に出して読みたい日本語』(2001年、草思社)は250万部を超えているそうです。

 

 スッキリした語り口で人当たりの良さそうな齋藤先生ですが、なかなかの苦労人です。裁判官を目指し東大法学部に進みましたが教育研究の分野にシフトされています。本書はその氏のバックグラウンドを語る内容となっています。

 教育学研究者の道に進むことになるわけですが、大学院生の間はただひたすら論文を書き続ける生活でした。コツコツと一人で論文を書き続け、なかなか認めてもらえずに、さらに書き続けるような毎日。孤独の中で、ひたすら論理を積み上げていくのは、誰かに読んでもらえて認めてもらえない限り、手ごたえが感じられないのです。

 それが10年近くも続いていました。

(中略)エリートのはずが、気づいたら無産階級です。収入といえば、塾講師のバイトだけ。職業の見通しが全く立ちませんでした。

 世間から評価されないならまだ納得できたのですが、ある一定の狭い世界で評価されないことで足止めをくらっているというのが辛かったのです。ただ、論文の作法がなっていないとか、あまりにも生意気な態度だとか、その点では確かにその通りです。

 そうはいっても、当時の私は自力で現状を打開することができません。

 結局修士課程に3年、博士課程に5年在籍することになり、終わったときには30歳を越えていました。評価もされず1円にもならないことを8年間続けていたことになります。

 論文も相当数書いたのですが、何一つ実になっていません。

 

 認めてもらえない、評価されないなかでの8年とは、なかなか精神的に辛いものがあります。しかし、そこには氏のタフな一面が垣間見えます。「狭い世界で足止めをくらっている」というのが、氏の野心的な部分を表しています。

 明治大学への就職が決まって仕事を始めたとき、(中略)大学の先生になったからそれで良しではなく、世に出るための方策を考える段階に来ていました。

 何冊か本は出したのですが、なかなか読んでもらえない時期が続き、またしても悩みに沈む時代になりました。1日に十数時間かけても、これ以上できないというくらい努力しても、本は売れず世に出ることができない。33歳くらいから始めましたから、実際に世に出るきっかけになった『声に出して読みたい日本語』まで7,8年かかったことになります。  

    

 

 そのような経験を踏まえて、氏は次のように書いています。

 20歳から40歳までの20年間は、誰からも認められることなく、世に出て勝負することもできず、ただひたすらエネルギーを貯め込んでいました。ですが、時間がかかったからこそ一気に加速がついたのです。

 人生の中であまりに多くの準備期間をかけてしまうと、それを取り返したいという思いが強いモチベーションとなるのです。押し込められた時間が長いほど、放出するエネルギー量も多くなります。

 本を出すにしても、(今では)私は平均すると年に30~40冊くらい出しています。100倍にして取り返すという気持ちでいるから、生涯100冊ではなく、1000冊くらいでないと気が済まないのです。

 

 氏の現在の活躍のウラには、こんなバックグラウンドがあったのでした。

 まさに「100倍返し」。

 「世に出るという野心を持つこと」

 「そのためにタフにコツコツと努力を積み上げること」

 その結果が現在のメディアでの引っ張りだこです。氏の経歴を見てくると、2つのことの大事さに気づかされます。 

 

☟『今、そこにある苦悩からの脱出』齋藤孝著(KKロングセラーズ

☟『声に出して読みたい日本語』齋藤孝著(草思社

声に出して読みたい日本語

声に出して読みたい日本語

  • 作者:斎藤 孝
  • 発売日: 2001/09/12
  • メディア: 単行本