40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

「ゾンビタスク」の洗い出しをする。『ライフハック大全――人生と仕事を変える小さな習慣250』堀正岳 著

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。  

 

 僕は新型コロナウイルスが流行する半年前から仕事で挫折して休職生活に移行、つまりステイホーム生活に入っていました。身の回りの棚卸し作業をしています。

 3月中旬から復職しましたが。

 今、堀正岳著『ライフハック大全――人生と仕事を変える小さな習慣250』を読んでいます。 

 「復職したらもう90%も仕事にリソースを突っ込まない」「ゆるく仕事して、他人からどう思われているかを気にしない」という基本線は変えません。

 しかし、仕事の効率を上げて疲れないようにして定時に帰る、そのための努力は必要と思っています。必要な仕事を時間内に終わらせないと結局残業でカバーするという話になるので、速く要領よく時間内に仕事を終わらせる。そのためのライフハック技です。

 前の記事で「ゾンビタスク」のことを書きました。

    

 ■ HACK052「ToDoリストのゾンビタスクは不安を明らかにしてくれる

「やるべきこと」であるのに、いつまでもToDoリストのなかに残っていて、放置されているタスク――それが「ゾンビ」化したタスクです。

 ゾンビタスクの周囲には必ず不安や、恐怖が隠れています。いつまでも終わらないタスクは、そもそも終了条件が明確ではない可能性もあります。

 例えば「原稿を仕上げる」というタスクは、明確そうに見えますが、どの時点で「仕上げた」といえるかが曖昧な場合は、いつまでも終わったことにならず、ゾンビ化します。

 こうしたタスクも、「原稿を2000字まで書く」「原稿に誤字がないかチェックする」「提出してよいか判断する」という具合に、不安が伴う場所とそうでない場所を切り分けて作業を進めることによって、不安で手が止まるのをふせぐことが可能となります。

 ゾンビタスクは「無理してもやるべき」という気持ちの現れでもありますので、ToDoリストはラクになるために書くのだという基本に立ち返って、タスクが可能になる方法を考えるようにして下さい。

 

まだ着手していないが、いずれやってみたいこと

ヤフオクやメルカリなどの不用品販売、物販業

クラウドワークス、ランサーズ、スキルクラウドに登録して、データ入力、記事作成、文書校正・リライト、文字起こし、テープ起こし、商品レビューなどの受注業務

◇リビングのTV(YouTubeなどネットが観られるもの)とHDDレコーダーを買い替え

◇自室に専用TVを導入し、NHKやテレ東のドキュメンタリー、ノンフィクション、情報バラエティ番組などをチェックする。PCかHDDレコーダーにストックする体制を構築する(観たいテレビ番組を観る時間が欲しい)

◇古くてDVDドライブが壊れたHDDレコーダーから番組を救出して、新しいHDDレコーダーに移し替える

◇故障してほぼ使えなくなったHDDレコーダー、RD-XS41RD-X5を処分する

◇黒いグッズが好きなので、黒い収納ケースを購入して自室の仕事場のガジェットを整理、収納する

◇PCとオーディオコンポーネントを接続するためのUSBオーディオプロセッサの購入を検討する

YouTube投稿動画の著作権侵害警告に対する、上手い対処方法を考える

◇ブログの記事を貯めて、ほどよいテーマ、章立てを決めて、kindle本を執筆する

◇ドコモの「子育て応援プログラム」に申し込む

Googleアドセンスを申請してみる

◇書籍紹介ブログパーツ「ヨメレバ」を使ってみる

◇写真投稿サイト「PhotoAC」に投稿している写真のタグを見直し、ダウンロードを促す

◇知的生産活動をバックアップするため「EVERNOTE」を使ってみる

◇PCに貯め込んだmpeg2やVOBなどの動画ファイルを、いろいろな動画プレーヤーで視聴テストを行い、最も視聴に適したプレーヤーを探す

◇ブログの記事が独りよがりになってないかチェックし「読む人が知りたい情報」に書きかえ(リライト)を行う

 

 本業ではなく趣味や副業の分野でザッと拾い上げただけでも、これだけのゾンビタスクが残っていました。

 今後これらのゾンビタスクを分解、整理し、実行可能にする方法を考えます。 

 自分の人生、転んでもただで起きるな、必ず反撃に転じます。不本意ながら失業や休職した人、転職した人、就職氷河期で苦汁をなめた同世代の中年オッサンの皆さんも、逆境をチャンスに変えていきましょう。 

 

  ☟『ライフハック大全――人生と仕事を変える小さな習慣250』堀正岳(KADOKAWA)