40代オッサンtrrymtorrsonの雑記

休職と復職 働き方改革 ワークライフバランス 副業・複業 メンタルセット 働きたくないショボいサラリーマンのビジネスブログ

「パレートの法則」で8割守って2割攻める。『40代を後悔しない50のリスト』大塚寿 著

 こんにちは、40代オッサンtrrymtorrsonです。

 

 いま多読チャレンジをやっています。

 

 読書は成長に必要な自己投資。40代で一度人生を振り返って、これからの戦略を練り直したいというときに読んでもらいたいオススメの1冊を紹介します。

 『40代を後悔しない50のリスト』(大塚寿 著)です。 

 

     

 

 僕はこういう本を読むとき、まず「目次」「章」「節」をよく見て、自分の置かれている状況や自分の今の心情にマッチする「節」だけ読んでいきます。

 もっと速読するなら、「節」のなかでもアンダーラインや強調文字になっているとこだけ拾い読みします。そして気になる部分に付箋を貼っていきます。この方法によって、1冊2~3時間で読み終わります。

 

 僕は「仕事、家庭、教養、財産、趣味、健康」が「人生の6本柱」。もう仕事には6分の1の力しか突っ込まない、と決めています。

 なので、40代でガッツリ仕事して、もう一段上の成功ステージに上りたいとは、それほど思っていません。ただ、後悔しない程度には要領よく仕事をこなしていきたいとは思っています。

 

 さて著者の大塚寿さんです。公式サイトより引用します。

 大塚氏は1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)MBAを取得。 リクルート時代はINS事業部において、社内ネットワークシステムの営業を担当、2年間に80社以上の新規受注をあげ、全国トップセールス一度、2位一度、一貫して営業畑を歩む。社内QC活動においても、社内ネットワークシステムの販促ツール、販促企画で2年連続全国入賞を果たす。

 米国へのMBA留学を経て、帰国後は1年間、出版社で雑誌創刊のインターンシップを経験。1994年1月オーダーメイド型営業研修および法人営業コンサルティングを展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。また、ビジネス書作家としてベストセラーも記している。

 こういう経歴の持ち主です。

 

 リクルート時代の社是は「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」だったそうです。

 本書の序章で大塚さんは、そのリクルート時代に社内外で1万人以上にインタビューを行ったそうです。その結果は次のようなものでした。

 驚いたのは、年配の経営者や部長クラスの人の多くが、実は40代を後悔しているということでした。20代、30代ではなく、「40代の過ごし方」に後悔が集中していたのです。

 40代が大きな「分かれ道」を迎えたとき、ほとんどの人は「守り」に入ってしまいます。それまで果敢に挑戦してきた人も、なぜか40代という成熟年齢になったとたん、「つまらない人」になっているのです。

 中間管理職の数が減っているにもかかわらず、業務の量も部下の管理も増え続け、さらに評価は、業績と能力で行うという環境になってしまったのです。ほとんど冒険することなど最初から許されていないような状況ですし、守りに入ることを強要しているような仕組みともいえるでしょう。小さくまとまってしまうのも無理ありません。

 

 僕は40代はおろか20代、30代でも守りに徹し逃げ続けてきた凡人糞ヒラリーマンですので、この40代という転機に、さらに埋没していかないかという気づきを得ました。

 大塚さんは1万人以上から聞き取った失敗談から50選び、個々に実践的な解決策を提示しています。

 

 先日の記事で「読書」に関するテクニックを本書から取り上げましたが、ほかにもいくつか紹介します。

◇「パレートの法則」を応用して、80%は守っていいが、20%は必ず「オフェンスモード」を入れる。

◇「将来なりたい自分」の世界にばかり生きるのではなく、「今をどうありたいか」の目標設定をしておくことで、今の幸せを実感できる。

◇週末の土日をそれぞれ「午前」「午後」「夜」とに三分割して、合計6コマにしたうえで、それぞれのコマで何をするのか計画することで、週末時間に多くのことができるようになる。

◇仕事の優先順位を見極めるには、「関係者軸」と「時間軸」の二軸で考える。自分の仕事の後に、どの程度の人やコストが関わってくるのか。それをする、しないで、三日後、五日後がどうなっているかを想像する。これを考えて優先順位を決める。

 

 僕は40代で休職し、立ち止まって一度人生を振り返って再構築する試みを行っていますが、本書は、突っ走っている40代に向けて実践的な知恵をたくさん授けてくれます。是非座右の書としたいものです。 

 

 本日の記事は以上です。

 

☟『40代を後悔しない50のリスト』大塚寿(ダイヤモンド社)  

☟『できる40代は、「これ」しかやらない』大塚寿 著(PHP研究所